« 日本の技術開発は弱くなるのではないか | トップページ | 賭博は公的機関がやるなら合法、そうでないなら犯罪という意味 »

2016.04.30

日本の製造会社は手抜きをするようになっていないか

S160429

最近日本のある自動車会社が、エアバッグに問題ありと言ってリコールをやっていますが、大損ですし、信用が落ちます。
エアバッグに問題があるだけでなく、経営にも重大な問題があるのではないでしょうか。
販売する前に時間をかけてエアバッグの試験を行うことは当たり前のことです。
エアバッグ会社が問題ないと言っても試験すべきです。

実は現在私が乗っている車は上記の自動車会社製です。
かなり前ですが、エアバッグに問題があると言ってきて自動車会社が自発的に修理しました。
何度問題を起こしてもエアバッグの品質管理ができない会社のようです。

同じ車ですが、3万キロメートルぐらい乗ったところでオルタネータが故障し、交通量が非常に多い高速道路並みの道路で車が動かなくなり、追突される恐怖で死ぬ思いをしたことがあります。
自動車会社に、3万キロメートル程度の走行距離で故障するオルタネータを使っているのは非常に危険だとクレームを申し立てたが、会社はまったく取り上げず、文句があるならほかの会社の車を買えばいいと言いました。
オルタネータは日本の電気会社製でした。

自動車会社に怒りのような感情を覚えましたが、オルタネータを交換する方がはるかに安いのでオルタネータを交換しました。
しかし心の中では次はこの自動車会社からは車は買わないと決めました。

この自動車会社に限らず、日本の製造会社は、手抜きをするようになっていないでしょうか。
信用が大切という経営の基本を忘れたのではないでしょうか。
利益を重視しすぎて、顧客を軽視するようになったのではないでしょうか。
顧客を軽視する会社は顧客から軽視されるでしょう。

|

« 日本の技術開発は弱くなるのではないか | トップページ | 賭博は公的機関がやるなら合法、そうでないなら犯罪という意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の製造会社は手抜きをするようになっていないか:

« 日本の技術開発は弱くなるのではないか | トップページ | 賭博は公的機関がやるなら合法、そうでないなら犯罪という意味 »