« ISISとの戦争に日本は参加するのか | トップページ | いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか »

2016.04.01

政府は人々をミスリードしていないか

S160401

預貯金金利は実質ゼロです。
そこで政府は2014年NISAという制度を設けて人々に投資を勧めて来ました。
しかし借金政治を続けている政府を信用できるでしょうか。
普通の人がこの制度を利用して安易に株などに手を出すと損するのが落ちではないでしょうか。
預貯金金利が実質ゼロとは現代は投資が非常にむずかしいことを示しています。
有望な投資先がないことを示しています。

マネーゲームへの投資は健全な投資とは言えません。

最近は株が下がりつつあります。
2016年から非課税投資枠が毎年120万円となり、毎年120万円ぐらいなら損しても知れていると思って最近投資した人がいると思いますが、しまったと思っているでしょう。

資産運用で儲けると考えるより、人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供で儲ける方がはるかに堅実だと思います。
収益性が低くてもこの種の仕事・事業を一生懸命やっていた方がいいと思います。

|

« ISISとの戦争に日本は参加するのか | トップページ | いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府は人々をミスリードしていないか:

« ISISとの戦争に日本は参加するのか | トップページ | いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか »