« いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか | トップページ | ゲートボールは老人でもできるがむずかしい »

2016.04.04

日本の問題は大きくなる一方

S160403

自民党・公明党も民進党など野党もどうすれば日本の問題を解決できるかわからないようです。
人々も同じではないでしょうか。
なるようになっています。

自民党・公明党は何とか大混乱がおこらないように苦労しています。
快刀乱麻を断つのではなく、破れた古布に一生懸命継ぎ切れをあてています。
古布は破れやすくなっていますから次から次へと破れます。
やがて古布は限界が来ます。

大混乱はおこると思います。
そのとき政府が人々にいいことをしてくれるということはないと思います。
人々が必死に生き残ることを考えなければならない状態が来ると思います。

今から人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を重視すること、孤立せず、人々と仲良く生きること、助け合うことが大事と思います。
自分だけ助かろうと思って利己的に生きていると、孤立して、大混乱のとき助からないのではないでしょうか。

|

« いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか | トップページ | ゲートボールは老人でもできるがむずかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の問題は大きくなる一方:

« いったいいつまで日本は愚かであり続けるのか | トップページ | ゲートボールは老人でもできるがむずかしい »