« 戦前戦中日本国に正義はなかった | トップページ | 日本の技術開発は弱くなるのではないか »

2016.04.26

自民党員にとって憲法記念日は祝日?

S160426

憲法を改正し、自衛隊を軍とし、集団的自衛権を行使し、外国と一緒に戦争することができる国すると言っている自民党は、5月3日の憲法記念日を日本の祝日として迎えることはできないでしょう。
憲法を記念し、お祝いできないからです。
暗い気持ちで5月3日を迎えるでしょう。

戦前戦中の日本の侵略的行動に正義があったなどと言える人はいないでしょう。
せいぜい、アメリカ・ヨーロッパも侵略的であったと言って自己弁護する程度でしょう。

そのような戦争で戦死した軍人がどうして尊崇に値する人でしょうか。
正義の政治家だったら、空しい死であった、申し訳ないことをした、可哀そうなことをした、これからはあのような戦争はやらないから赦してほしいと言うでしょう。
英霊などと言っているようでは空しい戦争に対する反省ができていません。

これから必要な人材は人々の生活改善を考える人間主義者です。
自分の生活改善を考え、また人の生活改善を考える人です。
国をこえて外国の人のことまで考える人が増えれば世界交流がもっと進むでしょう。

16.4の熊本地震では自衛隊員が一生懸命人命救助にあたっていました。
防災隊員として行動していました。
彼らは尊崇に値します。

もしアメリカ軍人と一緒になって西アジアで戦争し、西アジア人を殺すことに協力している自衛隊員を見たら尊崇できるでしょうか。
アメリカとの同盟とか、集団的自衛権の行使だとか、世界協調ではなく、世界対立に手を貸している自民党政治を放置して日本に、また世界に平和は来るでしょうか。

|

« 戦前戦中日本国に正義はなかった | トップページ | 日本の技術開発は弱くなるのではないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党員にとって憲法記念日は祝日?:

« 戦前戦中日本国に正義はなかった | トップページ | 日本の技術開発は弱くなるのではないか »