« G7伊勢志摩サミットは先進国首脳のお遊び会 | トップページ | 歴史的宗教施設を見ることは問題ない »

2016.05.24

老人人生を楽しむためのGBが苦悩の種

S160524

老人人生を楽しむために町の中の公園で行われているゲートボール(GB)部に73歳で入部しました。
80数歳の男性の人が部長でしたが、部長職をやめたいと思っていたのか、そのとき一番若かった私に部長職をやるようにとの指示がありました。
ほかに部長職を引き受ける人がいないとのことでした。
町のサークルでは世話役がいなくなるとサークルは消滅します。
GBをやりたいと思っていたので部が解散になってはいけないと思って引き受けました。

町の公園でGBをやるだけなら簡単ですが、GB部は横浜の区のGB連合に所属し、連合の大会にも出場していました。
大会は最低5名いないと出場できませんが、私の部は、ほかの町から2名来てもらって大会に出ていました。
その、ほかの町は、部員がいなくなって2名になってしまったので私の部から出ているという状態でした。

連合に所属すると部長は区連合の理事になり、大会の準備など連合の仕事を手伝います。
予想外の仕事が生じてしまいました。

GBをやりたいという思いだけで部長職をやってきましたが、衰退中のGB部の部長職のつらさがだんだん募ってきました。
最近行われた大会で1勝3敗、勝ったのは相手が非常に弱かったからであり、負けたのは私のチームが非常に弱かったからでした。
GBをやめようかと苦悩しました。

しかし町の公園では下手ですが老人たちが楽しそうにGBをやっています。
この老人たちのためにGB部を維持することは意義があると思います。
私自身も下手でもみんなと仲良くGBを楽しむのはいいことだと思います。

そこで今は、大会出場は無理せず、出たいという人が5名そろったら出る、そろわなければ出ないと割り切ることにしました。
出て負けてもあまり気にしないことにしようと思います。
大会に出たいという人が5名そろう間は連合に所属しようと思います。

理事としても連合の仕事は淡々とやりたいと思います。

ほかの町の人で私のチームに参加している人は比較的GBが上手な人で、私の部の人が失敗すると、その場で失敗した人を非難します。
困ったことだと思って、非難しないようにお願いするのですが、やはり上手な人は勝ちたいという思いが強いのでどうしても非難するようです。

前部長は私がチームの主将をやるようにと言うし、外から来た上手な人は私の技能も作戦も非難します。
これでは老人人生を楽しむどころか苦悩することになりますが、町の公園でGBを楽しんでいる老人たちのため苦悩を乗り切りたいと思います。

|

« G7伊勢志摩サミットは先進国首脳のお遊び会 | トップページ | 歴史的宗教施設を見ることは問題ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人人生を楽しむためのGBが苦悩の種:

« G7伊勢志摩サミットは先進国首脳のお遊び会 | トップページ | 歴史的宗教施設を見ることは問題ない »