« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016.05.30

楽な方法で国内産業が復活することはない

S160530

安倍晋三総理が、消費税率引き上げ時期を2017年4月から2019年10月に延期すると言っています。
景気がよくならず、財政出動しないと経済がもたないからだそうです。
夏の参議院選挙で自民党・公明党が負けてはいけないからだそうです。
ふざけた政治です。

金融緩和・財政出動+消費税率引上げ=経済横這い・縮小です。
このやさしい計算が自民党・公明党政府はできません。
経済成長すると言っていました。

自民党・公明党は政治を担う能力がありません。
保守で、お金で問題を解決しようとする、つまり楽な方法で解決しようとするので、問題の根本は未解決で残ります。
現状では政府と日本の劣化は止まりません。

日本は成熟社会です。
生産は海外に移り、国内産業は衰退していきます。
事業家、仕事人は世界で活動できますからいいのですが、大半の人々は国内で仕事をしないと生活できません。
国内産業が衰退していますから大半の人々は貧乏になります。
一部の人が大金持ち、大半の人が貧乏人になるというのが成熟社会の特徴です。

このような社会に消費税があっているでしょうか。
貧乏人は苦しくなる一方です。
所得税率を累進性にし、大金持ちに協力してもらうことが大事であることは明白です。

しかし政府が貧乏人を養っているようでは人々は貧困から脱却できません。

大半の人々も仕事を持ち、生活できる十分な労働対価を得なければなりません。
成熟社会に満足せず、生産においても国際競争に耐えなければなりません。

実はこれは非常に苦しいことです。
金融緩和、財政出動で人々が国際競争に耐えるようになるはずがありません。

たとえば米で説明しましょう。
米を自由化したら日本の米農家は負けます。
日本から水田が消えるでしょう。

輸入米に負けないようにするためには、農業改革が必要です。
しかし既存米農家で改革を行う自覚を持った人はいるでしょうか。
水田は自分の財産と考えている人がほとんどでしょう。
政府も私権を重視して真剣に改革を農家に訴えていないでしょう。

それでは既存農家以外の本当に米の生産をやりたい人に参入の自由を与えているでしょうか。
資本家や経営者にチャンスを与え、またバックアップしているでしょうか。
もたもたしている間に水田地帯は、店ができたり、事務所ができたり、住宅街になったりして、虫食い状態ではないでしょうか。

楽な方法で、つまり金融緩和・財政出動のような安易な方法で国内産業が復活することはありません。
自民党・公明党では駄目であることは明白です。
しかしほかの政党も無能です。
民進党は何をやればいいかわかっていません。
共産党が伸びています。
平和重視、環境重視で人間性を感じますが、自由を尊重して人が持つ生産能力を引き出すことができるか疑問です。

日本はまだまだ衰退が続くと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.27

世界の良識人が強大国を平和の方向へ動かす

S1605272

今日、5月27日、オバマアメリカ大統領が広島平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花しました。

アメリカは、戦争を早く終わらせるために使ったと言って原爆を正当化してきました。
しかし原爆投下を承認した当時のトルーマン大統領は後で自分の罪におののいたと伝えられています。

オバマ大統領は、就任した当時は平和を重視していましたが、西アジアからアメリカ軍を完全に撤収せず、軍事活動を継続しています。
アメリカ大統領の立場になると、戦争するという考えを捨てることができないようです。
しかしオバマ大統領は、殺人や戦争を問題と思っている人であることは確かです。
現在のアメリカと日本の関係を重視して献花した面もあると思いますが、核兵器の残虐性、非人間性を理解しており、アメリカの原爆で亡くなった大勢の人々のことを思って献花したのでしょう。

今後アメリカがまじめに世界平和を考えて行動する国になるかはわかりません。
これまではアメリカは自分の国益のためには人々の幸福を考えない悪い外国政府を平気で支援する国でした。
このアメリカの不法が良識ある世界の人々から非難されるようになり、オバマ氏が大統領になってからはアメリカが法を重んじる方向へ舵をとり始めたことは確かです。

しかし大統領の価値観だけでアメリカは動く訳ではありません。
裏で自分の利益のために大統領を動かそうとする強大組織が存在します。

アメリカに世界平和のために動いてもらうためには良識ある世界の人々が声を大にしてアメリカの不法を非難し続けることが大事と思います。
そのほかの強大国の不法についても良識ある世界の人々が国をこえて非難し続けることが大事です。
世界の良識人がインターネットなどで情報交換し、世界に通用する法を考え、その法に基づいて強大国の不法を明確にしていくことが大事と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

組織から浮き上がった孤独な都知事

S160527

舛添要一都知事の濫費と公私混同が問題になっています。

東京は昔から問題だらけです。
したがって、健全に機能しているとは思いませんが、東京都は組織ができています。
都知事が無能でも何とか組織が動きます。
オリンピック開催準備のような大仕事でも組織が何とかこなします。

都の職員から見れば舛添氏は外から来た人です。
最初から信用しません。
彼の能力を試すような行動をとります。
無視する人も出ます。
もし舛添氏が職員の尊敬を勝ち得ないと孤独な都知事になります。

どうやら彼は尊敬されず孤独な都知事になったようです。
自分にとって重要な仕事が認識できず、都知事の権力を使って暇に任せて濫費に走ったのでしょう。
常識を欠いているので公私混同まで罪意識なくやったのでしょう。

見るに見かねて職員の誰かが舛添都知事の乱行をマスコミにもらすようになり、大問題になったのでしょう。

今後舛添氏が都知事として役立つことはないと思います。
政治家には向いていません。
変人で孤独な人ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.26

歴史的宗教施設を見ることは問題ない

S160526

総理がG7の首脳を伊勢神宮に案内したことについて批判があるようですが、伊勢神宮は歴史的施設であり、一見の価値はあると思います。
礼拝する、しないは各国首脳の自由です。

私も伊勢神宮を訪問したことがあります。
悪い印象は持ちませんでした。
趣のある静かなところでかつ歴史や文化を感じました。

私は外国を訪問したとき、その国の歴史的宗教施設を見に行きます。
その国の歴史や文化を知るのに参考になります。
静かに見ている限り、施設の人から非難されることはありません。
反対に丁寧に説明してくれることが多いと思います。

歴史的宗教施設は、宗教価値より、歴史遺産や文化遺産として価値があります。
施設の人がまじめくさって宗教を説くと、聞いていて変な感じがすることがありますが、施設の人がそう言うのは当然のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.24

老人人生を楽しむためのGBが苦悩の種

S160524

老人人生を楽しむために町の中の公園で行われているゲートボール(GB)部に73歳で入部しました。
80数歳の男性の人が部長でしたが、部長職をやめたいと思っていたのか、そのとき一番若かった私に部長職をやるようにとの指示がありました。
ほかに部長職を引き受ける人がいないとのことでした。
町のサークルでは世話役がいなくなるとサークルは消滅します。
GBをやりたいと思っていたので部が解散になってはいけないと思って引き受けました。

町の公園でGBをやるだけなら簡単ですが、GB部は横浜の区のGB連合に所属し、連合の大会にも出場していました。
大会は最低5名いないと出場できませんが、私の部は、ほかの町から2名来てもらって大会に出ていました。
その、ほかの町は、部員がいなくなって2名になってしまったので私の部から出ているという状態でした。

連合に所属すると部長は区連合の理事になり、大会の準備など連合の仕事を手伝います。
予想外の仕事が生じてしまいました。

GBをやりたいという思いだけで部長職をやってきましたが、衰退中のGB部の部長職のつらさがだんだん募ってきました。
最近行われた大会で1勝3敗、勝ったのは相手が非常に弱かったからであり、負けたのは私のチームが非常に弱かったからでした。
GBをやめようかと苦悩しました。

しかし町の公園では下手ですが老人たちが楽しそうにGBをやっています。
この老人たちのためにGB部を維持することは意義があると思います。
私自身も下手でもみんなと仲良くGBを楽しむのはいいことだと思います。

そこで今は、大会出場は無理せず、出たいという人が5名そろったら出る、そろわなければ出ないと割り切ることにしました。
出て負けてもあまり気にしないことにしようと思います。
大会に出たいという人が5名そろう間は連合に所属しようと思います。

理事としても連合の仕事は淡々とやりたいと思います。

ほかの町の人で私のチームに参加している人は比較的GBが上手な人で、私の部の人が失敗すると、その場で失敗した人を非難します。
困ったことだと思って、非難しないようにお願いするのですが、やはり上手な人は勝ちたいという思いが強いのでどうしても非難するようです。

前部長は私がチームの主将をやるようにと言うし、外から来た上手な人は私の技能も作戦も非難します。
これでは老人人生を楽しむどころか苦悩することになりますが、町の公園でGBを楽しんでいる老人たちのため苦悩を乗り切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.21

G7伊勢志摩サミットは先進国首脳のお遊び会

S160521

5月26日、27日、G7サミットが開催され、世界経済成長実現のための方策が検討されるそうですが、議長国の日本から洩れて来る情報では、金融政策、財政出動、構造改革だそうです。
アベノミクスで経済成長の成果が上がっていない日本がアベノミクスみたいな方策を提案してもG7のほかの国は評価しないのではないでしょうか。
しかし、ほかのG7の国を見てもG7が世界経済成長のための方策を出すことができるとは思えません。

G7にとって世界経済成長より世界平和の方が重要な問題ではないでしょうか。
反政府武装組織が存在し、活動する国は過去の政治・外交に問題があったと思います。
帝国主義時代の罪、自国の権益を守るため中進国・後進国の政府を利用してきたが、中進国・後進国の人々のためになっていなかった罪などが原因になっています。

G7は先進性を威張り、世界指導力、世界支配力を重視し、国連を立てていないと思います。
しかし中進国・後進国がG7に反発しますからG7は世界指導力も世界支配力も発揮できません。

非常に問題が多いG7が、仲良しクラブのようにお遊び会をやっているのがG7サミットだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.18

自転車に乗る人は交通規則を知らない人が多い

S160518

小学校に上がる前の幼児対象のお祭りがあって、ある運動公園の正門の前の道路で交通整理を担当しました。
正門前に横断歩道がありましたが、信号がありませんでした。
非常に車や自転車が多い道路でしたので緊張しました。
信号がなかったので歩道を横断する人を優先するように交通整理を行いました。

2時間ほど交通整理をやってわかりましたが、車はすべて私の停止指示に従い、早めにブレーキをかけ、私からかなり間隔をとり停止してくれました。
ところが50cc以下の原付はなかなか速度を落とさず、私のすぐそばに来て停止しました。
一番私を無視したのが自転車でした。
私の脇をすりぬけ、横断歩道を突っ切って行く自転車が何台もありました。
横断歩道を歩く人に衝突しなければいいと思ったに相違ありません。

自転車はよく歩道上を走っています。
歩行者に当たらないようにその脇をすりぬけて走ります。
この習慣が、自転車に乗る人の身についているからでしょう。
自転車に乗るには免許がいらないので自転車を車と思っていないからでしょう。
歩行者と同等と思っているのではないでしょうか。
私はフル電動自転車を自転車扱いにしてもいいのではないかと思っていましたが、今日交通整理をやってみて、免許については50cc以下の原付相当とすることは重すぎると思いますが、交通規則は原付相当でいいと思いました。

ランニングで走ってきた人が一人いましたが、この人が私の停止指示に従わず、横に上げている私の腕に当たりながら私の脇を走り抜けて行きました。
常日頃、歩行者に当たらないようにその脇をすり抜けて走る習慣がついているからだと思います。

習慣的行動が行動の第一になっていることがよくわかります。
自転車については人に当たらなければいいと思って人の近くを走る習慣はやめた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.15

日本は保守的規制が多い

S160515

こがなくても動く電動自転車がほしいのですが、日本ではこのような自転車は自転車として認められていないので生産も販売もされていません。
中国製が輸入されていますが、公道では使用が許されていません。

このような自転車を認めると原付一種の販売量が大幅に減るので原付一種のメーカーを保護するためでしょうか。
税収が減ると心配するためでしょうか。
このような自転車が増えると交通事故が増えると心配するためでしょうか。

しかしこのような規制が日本の産業の発展を押さえているのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.13

日本の民主主義は道半ば

S160513

私は日本に生まれ、日本で育ち、日本に住んでいますから日本人です。
もし別の国に生まれ、育ち、住んでいたらその国の人です。
そう考えると、外国人も人であり、人以下に見るような差別をしてはいけないと思います。

法律や慣習の違いで日本人が外国で、あるいは外国人が日本で生活しにくいという問題はあります。
争いを避けるためにはお互い配慮あるいは遠慮しなければならないことです。
配慮あるいは遠慮を欠くと争いがおこりやすいと思います。

国と国の争い、国に不法があって解決が容易ではない国と反政府武装組織の争いなどは、国連が問題解決に当たるべきですが、現在の国連は無力です。
したがって国は国連の問題解決力を改善することに協力すべきですが、何故か国は国連を立てようとしません。

国に思惑があって国連を立てる気がないようです。
しかし国連に加盟する理由は、基本的には戦争するより交流する方がいいと思っているからでしょう。
自分の思惑を重視して争いながら、自分に有利な世界法あるいは世界慣習を探っているのでしょう。
その争いにはまだ戦争もあり、経済制裁もあるという状態です。

国の法律や慣習にまだ大きな違いがあり、落ち着く先がはっきりしないという状態なのでしょう。
実は国というより政府の考えに大きな違いがあるのが事実と思います。
もしすべての国の政府が民主的に運営されているなら世界法あるいは世界慣習の実現は近いのではないかと思います。

強者が政治権力を持ち、政府を独裁的に運営している国が、世界法あるいは世界慣習の実現に抵抗しているのではないでしょうか。
民主主義国と言われている国でも、強者が政府を、さらには人々を操っている場合があります。
真の民主主義国になるには、人々が政治学を学び、自分で政治を考えるようになることが大事と思います。

日本の場合は政治に無関心な人が非常に多いと思います。
したがって日本の民主主義は道半ばと思います。
近年は逆戻りしているのではないかと心配になることもしばしばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.11

エホバの証人

S160518

エホバの証人と呼ばれるキリスト教信者がよく二人で布教活動をやっています。
現代では宗教団体の中で布教に一番熱心なのがエホバの証人ではないでしょうか。
ものみの塔という小冊子をものみの塔聖書冊子協会からたくさん買って戸別訪問したり、街頭に立ったりして人々に配っています。

私が住んでいる町でもよく二人組が戸別訪問しています。
庭の手入れをしていると、おなじみの二人組が「美しい庭ですね」などと声をかけてきます。
布教が目的で声をかけると思いますが、キリスト教のお話しを聞かなくても雑談はいとわないようで私としばらく雑談して去っていきます。

エホバの証人は物静かで平安を感じさせる人が多いと思います。
考えているのではなく、信じていると思います。
信じて苦悩から解放されたことから来る平安でしょう。

その平安が、別の苦悩している人に信じる力を与えるのでしょう。

エホバの証人に小冊子をたくさん買わせるのは霊感商法であるとの批判がありますが、彼らが信仰に生きていることは事実と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.07

アメリカが世界軍あるいは世界警察の役をやめることはいいこと

S160507

アフガニスタン戦争やイラク戦争は共和党が始めたことですが、アメリカ大統領の地位をめざしている共和党のトランプ氏が、アメリカ軍が世界軍あるいは世界警察である余裕はアメリカにはないと言っています。
トランプ氏は損得勘定が長けている人ですから事実でしょう。

日本がアメリカと同盟すると言っている理由は、アメリカ軍が強大で、世界軍あるいは世界警察であると思っているからです。
トランプ氏の発言にとまどっているでしょう。
トランプ氏は大統領にならない方がいいと思っているでしょう。

世界は多極化しています。
強大国から弱小国まで、さらには非政府武装組織まで争っています。
戦国時代のようです。

国連がありますが、不思議なことに国連加盟国は国連を立てません。
安保理常任理事国も協力ではなく対立です。

戦争で世界を統一する力を持っている国・武装組織など一つもないのに争ってお互い消耗し、自国民を苦しめているのは本当に不可解です。

アメリカ軍が世界軍あるいは世界警察でなくなることは世界を変えるきっかけになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.05

城ケ島で子供達と釣り

こどもの日ということで、小6の孫とその友だちを連れて城ケ島に釣りに行ってきました。
快晴でしたが、昨日の風が残っていて、押し寄せる波が岩に砕けこえて来ました。
危険を感じたのでちょっと入り江になった波が静かなところで釣りをやりました。

子供達は、糸が絡まる、針が自分が着ているものに刺さってとれない、針が根がかりしてとれない、・・・、次から次へと問題発生で、老人の私は足場の悪い岩場であっちへ行き、こっちへ行き、子供達の世話をやいていました。

こんな訳で何をしに行ったかわかりませんでしたが、子供達と午前中大いに楽しむことができました。

しかし、実は子供達が海に落ちたらどうしようと心配でした。
自分のことも心配でした。
私は岩を乗り越えてきた波しぶきに下半身をぬらしたり、岩場で足を滑らしたりして何度か海に落ちそうになりました。
岩場を歩くとき、結構高い段差を上ったり下りたりしますが、膝に負担がかかってきつく感じました。

道路状況ですが、朝6時すぎ、日野で横浜横須賀道路に入り、佐原で出て、三浦海岸沿いの道路を走り、城ケ島に行きましたが、道路はまだ車がなく、快適なドライブを楽しむことができました。
帰りは、11時過ぎに城ケ島をたち、同じ道を帰りましが、渋滞はゼロでした。
しかし、この時間帯、城ケ島に向かう道は大渋滞でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.02

賭博は公的機関がやるなら合法、そうでないなら犯罪という意味

S160430

賭博は賭博そのものに人間を堕落させる危険性があるから犯罪だと思います。
ところが公的機関が胴元をやるなら合法だそうです。
これは何を意味するかというと、政府が堕落し、犯罪を犯罪と思わなくなったということだと思います。

賭博で生活が破綻する人は非常に多いと思います。

貧すれば鈍(どん)すると言いますが、政府を見ていると、貧すれば貪(どん)すると言った方がいいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »