« 老人になり、情報技術に弱くなり、ホームページの移動に悪戦苦闘 | トップページ | FXで大損して狼狽 »

2016.06.23

経済重視より安全重視の町づくりをやってほしい

S160625

経済成長時代、日本は水田地帯を宅地化しました。
河川についてはそれなりの補修をやりましたが、水田の宅地化に備えて根本的に河川を改修した訳ではありません。
近年、想定外の大雨が降るようになりました。
河川が氾濫して水没する町が増えると思います。
氾濫しなくても、排水ができなくて水浸しになる町も増えると思います。

経済成長期にできた町は大規模です。
被害を受けると莫大な損が出ます。
生活に困る人も無数です。
国も地方も苦しむ人々を放置しておくことができません。
被害者救済に莫大なお金を出さなければなりません。

無計画な水田地帯の宅地化が問題であったことは明白です。

国や地方はある程度助けてくれますが、災害を受けた人の苦悩は非常に大きいと思います。
国や地方の支援が不十分だと不平を言うだけでなく、どうして自分は危険な場所に家を建てたのかと考えることが必要と思います。

過去の政治を見ればわかるように国も地方も安全を軽視しています。
特に経済成長期は経済重視で安全軽視でした。
地震被害、津波被害、水害、土砂崩れ被害、事故原発被害、・・・。
安全を軽視した町づくりが被害を大きくしました。

それでは現代は町づくりは安全になったでしょうか。
経済が停滞している、何とか経済成長したいと言って依然として国も地方も経済重視、安全軽視です。

たとえば東京ですが、安全を重視した上で、高層化、地下化、密集化を行ったでしょうか。
活発な土建の経済効果を重視した町づくりにすぎません。

関東は、鬼怒川、利根川、荒川、多摩川などがつくった平野です。
江戸時代利根川の水を銚子の方に流す大工事を行って関東を水害から守ったそうですが、現代は東京の地下に大容量の遊水地を設ける程度の対策しかやっていません。
想定外の大水、津波にどれだけの町が耐えるでしょうか。
高層化、地下化、密集化は地震に強い構造でしょうか。

経済重視よりも安全重視の町づくりを考えるべきです。
政府に町づくりをまかせるのではなく、人々自身が安全を考えて家をつくるなど町づくりに積極的に関与すべきと思います。
被害を受けたら自分が馬鹿だったと思うぐらいの安全意識を持つべきだと思います。


|

« 老人になり、情報技術に弱くなり、ホームページの移動に悪戦苦闘 | トップページ | FXで大損して狼狽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済重視より安全重視の町づくりをやってほしい:

« 老人になり、情報技術に弱くなり、ホームページの移動に悪戦苦闘 | トップページ | FXで大損して狼狽 »