« 人々が生きるのに必要なもの・サービスは永遠 | トップページ | 経済重視より安全重視の町づくりをやってほしい »

2016.06.22

老人になり、情報技術に弱くなり、ホームページの移動に悪戦苦闘

S160622

昔からniftyの会員であり、niftyのホームページサービスである@homepage(アット・ホームページ)を長く利用してきたので、2016年9月29日をもってサービスを終了すると連絡を受けて面倒なことになったと思いました。
Lacoocanという新しいホームページサービスを始めたので希望者はそちらに移動するようにとのことでした。
老人になったせいか、移動に関するniftyの説明を読んでもすぐには理解できませんでした。

一時はホームページをやめようと思いましたが、ホームページはすぐれた思想の発表の場と思い、今日、決心して移動しました。
心配したように移動がうまくいかず、古いホームページは破壊する、新しいホームページには何も移動していないということで焦りました。
幸い、自分のパソコンにindexやリンク先のファイルを保存しておいたので何とか新しいホームページをつくることができました。

ホームページサービスを始めたらサービスをやめてはいけません。
改善しながら継続すべきと思います。
どうしても終了するなら簡単に別のホームページサービスに移動できる方法を提供するべきです。

新しいホームページサービスに申し込め、FTPソフトは自分で入手せよ、その使い方はソフト提供者に聞け、・・・。
niftyの態度は顧客に配慮している感じがしません。

新しいホームページのために半日もかかりました。

|

« 人々が生きるのに必要なもの・サービスは永遠 | トップページ | 経済重視より安全重視の町づくりをやってほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老人になり、情報技術に弱くなり、ホームページの移動に悪戦苦闘:

« 人々が生きるのに必要なもの・サービスは永遠 | トップページ | 経済重視より安全重視の町づくりをやってほしい »