« 天皇も人 | トップページ | 憲法と民主主義を捨てて人々はどこへ行くのか »

2016.07.17

人々は民主主義の重要性を知っているか

S160717

菅義偉内閣官房長官が、憲法改正案は自民党案にこだわることはない、すべての政党が憲法改正の討論に参加してほしいといった趣旨の発言をしました。
自民党は憲法を改正しないと言って参議院選挙を戦ったのに、圧勝すると早くも憲法を改正したいと言っています。
自民党が自分の案にこだわらないでほかの政党と憲法について討論するはずはありません。
つまり菅官房長官は騙しのテクニックを使って憲法改正論議を国会で始めたいと考えています。

要するに自民党は自分の改正案を他党に説明する会議の場を設けたいのだと思います。
すべての政党が参加した憲法改正会議で自分の案を説明することで、次は国民に検討してもらう、つまり自分の案を国民投票にかけたいという意味だと思います。
自民党・公明党(与党)が国会で2/3以上の議席をとっている現状では、やるべき儀式をやってしまえば、国会で自民党案を決め、国民に提案できると読んでいます。

自民党改正案では、天皇は元首であるとあります。
元首は、一国の長として人々を代表し政治を行う権限と責任を持っています。
自民党は天皇の権限を利用して強権的政治を行いたいのだと思います。
民主主義にまったく反します。

戦後70年、人々は民主主義を享受してきました。
しかし民主主義はいいと心から思っているか疑問です。
今回の参議院選挙で自民党が圧勝したのは人々が民主主義をわかっていない証拠です。
わかっていたら天皇を元首としたがっている自民党に投票する訳がありません。

トルコでは軍によるクーデターがありました。
しかし人々は命懸けでクーデターを防いだそうです。
身をもって戦車の前に立ちはだかったそうです。
銃撃を受けて大勢の人が死んだそうです。
軍政が人々の自由を奪うことを体で知っているからです。

日本の人々はトルコは遅れていると思っています。
内乱があり、政治はよくないと思っています。
産業も遅れていると思っています。
そのとおりと思いますが、人々は自分で民主主義を考えていると思います。

日本の人々は民主主義の重要性を理解しているでしょうか。

|

« 天皇も人 | トップページ | 憲法と民主主義を捨てて人々はどこへ行くのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人々は民主主義の重要性を知っているか:

« 天皇も人 | トップページ | 憲法と民主主義を捨てて人々はどこへ行くのか »