« 生ごみの処理 | トップページ | イスラム系に‏開かれた社会づくりは簡単ではない »

2016.07.19

イスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師

エルドアントルコ大統領が目の敵とするイスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師とはどんな人でしょうか。
今回トルコでおこった一部軍人によるクーデターの背景にギュレン師がいるとしてエルドアン大統領は徹底的にギュレン集団を潰そうとしているが、ギュレン師はクーデターを指示していないと言っています。

ギュレン師はトルコでは大変有名な人で、信者から救世主、預言者などと呼ばれているようです。
政治家になる気はなく、宗教家として精力的に活動してきたようです。
単に宗教教育だけでなく、教育事業、弱者支援事業、人々に役立つ事業などを幅広く行い、イスラム教の理想社会を建設してきたようです。
ほかの宗教に対しては寛容、テロは否定ということですから穏健な社会改善家のように見えます。

一時期、ギュレン師はエルドアン氏を支持していたようですが、ある時から批判するようになったようです。
エルドアン氏に道徳的問題があったと言われています。

今回エルドアン大統領がギュレン師を疑い、徹底的に弾圧しようとしていることから判断して、エルドアン大統領はギュレン集団を恐れていることがわかります。
ギュレン集団の信者は収入の5-20%を集団に寄付するそうです。
寄付されたお金は社会のために健全に活用されているようです。
集団の信者は増える方向だったのでしょう。
エルドアン大統領が率いるトルコよりいい社会かもしれません。

情報不足でまだわかりませんが、約2000年前、ユダヤ人の国において救世主イエスが排除されたように、トルコにおいて現代の救世主ギュレン師が排除されようとしているのかもしれません。

なお、ギュレン師は現在アメリカにおり、アメリカはクーデターに関与した証拠がない限り、ギュレン師をトルコに渡せないと述べています。

|

« 生ごみの処理 | トップページ | イスラム系に‏開かれた社会づくりは簡単ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師:

« 生ごみの処理 | トップページ | イスラム系に‏開かれた社会づくりは簡単ではない »