« アベノミクスは今後も効果が出ない | トップページ | 政府が機能しているのが不思議 »

2016.07.11

アベノミクスを続けても経済成長することはありえない

自公はこれまでのアベノミクスで恩恵を受けた人がいる、恩恵を受けていない人はこれから受けることになると言います。
現実は甘くありません。
恩恵を受けた人は恩恵を取り上げられ、恩恵を受けていない人は持っているものを取り上げられるでしょう。

すでに株は下がりつつあり、円は高くなりつつあります。
アベノミクス以前の状態に戻りつつあります。

ウクライナをめぐるアメリカとロシアの対立はひどくなる方向で両国間の経済交流は縮小します。
南シナ海をめぐるアメリカと中国の対立はやはりひどくなる方向で両国間の経済交流は縮小します。
EUはイギリスが離脱問題をおこし、ヨーロッパのまとまりが弱くなりました。
ヨーロッパ在住のイスラム系が増え続け、ヨーロッパが不安定になる方向です。
西アジア、北アフリカの混乱は収まるどころか、周辺に拡大する方向です。
イスラム過激派の挑戦はやまず、世界を揺さぶっています。
アメリカ国内では古い問題である白人と黒人の対立など、人種間の争いが、銃を使用して争うような怖い状態に変わってきました。
アメリカが力強く経済発展するとは思えません。
中央アメリカ、南アメリカは国と国の対立は少ないようですが、国内事情は複雑です。
中国は経済に変調がおこり、生産(能力)過剰に陥っており、世界経済に悪影響を与えます。

世界経済交流は順調ではありません。
世界は新世界秩序ができるまで非常に長い混乱期に入ったと思います。

折から日本は人口減少、老人割合増加、国内生産縮小です。

どうして日本はアベノミクスのようなお金のばらまき程度の政策で経済成長するのでしょうか。
政府も人々も未来を甘く見すぎです。

収益に苦しみながら人々が忍耐力をもって事業・仕事に取り組み続けることで何とか未来に生き残ることができるというのが現実だと思います。
安倍晋三内閣がアベノミクスを続けることで貧困層が中間層に移れるなどということはありえません。

自公が参議院選挙で圧勝したことから判断すると人々の政府依存度は危険領域に入ったと思います。
人々は政府に対する依存心を捨てるべきです。
政府がいいことをしてくれると思ってはいけません。
自分で生き残ることを真剣に考えるべきです。

|

« アベノミクスは今後も効果が出ない | トップページ | 政府が機能しているのが不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスを続けても経済成長することはありえない:

« アベノミクスは今後も効果が出ない | トップページ | 政府が機能しているのが不思議 »