« 軍人の悲哀と苦悩 | トップページ | 個人主義が孤立を招くとこわい »

2016.07.26

お中元

私はお中元に無関心な方です。
お中元の交換をやらなくても消えない人間関係が大切だと思っています。

町内の人間関係は、町の仕事、サークル活動などで続いていますから、町内でお中元の交換をやる人はいないと思うのですが、今回初めて町内の人からお中元が届いて困惑しました。
気持ちだけで十分だからお中元を送ることはやめてほしいとお願いしたのですが、頑固な人で、送りたくて送っているだけと主張して私のお願いに耳を貸そうとしませんでした。

この人は、町内のある人にものを送ったが知らん顔をされたと言って怒ったことがあります。
ものを送って自分の存在を訴えているかもしれません。

人の思考は千差万別です。
私が私の思いだけで勝手に人に対応するとその人は怒るでしょう。

人間関係は、お互いに見合うと、相手が自分の思うように動かないと怒って破壊するものです。

|

« 軍人の悲哀と苦悩 | トップページ | 個人主義が孤立を招くとこわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お中元:

« 軍人の悲哀と苦悩 | トップページ | 個人主義が孤立を招くとこわい »