« アベノミクスを続けても経済成長することはありえない | トップページ | 天皇も人 »

2016.07.12

政府が機能しているのが不思議

EUは加盟国に単年度の財政赤字をGDP比で3%以内に抑えるよう求めています。
国の財政規律がいい加減になると、その国の人々のみならず、EUのほかの国々にとっても迷惑だからです。

日本の場合はGDPが500兆円ぐらいです。
EUの財政規律を当てはめると、日本は財政赤字を15兆円以内に抑えなければいけないことになります。
しかし日本の財政赤字は30兆円ぐらいです。
日本は財政規律が非常にいい加減ということになります。
破綻しないのが不思議です。

IMFは消費税率を上げることを日本に勧告していますが、税率を上げると消費が弱くなり、税収が増えず、財政改善になりません。
政府を合理化、近代化することが必要ですが、国家公務員の抵抗がものすごく、内閣は合理化、近代化を実行できません。
修理せず動かなくなるまで機械を動かしている状態です。

|

« アベノミクスを続けても経済成長することはありえない | トップページ | 天皇も人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府が機能しているのが不思議:

« アベノミクスを続けても経済成長することはありえない | トップページ | 天皇も人 »