« 滋養強壮・栄養補給剤(指定医薬部外品) | トップページ | 裸で食事をするレストラン »

2016.07.07

政府がどんどん軽くなっている

政府を改善することは大事なことと思います。
しかし個人が思うように政府は改善しません。
政府の改善を待っていたら個人は幸福になれません。
そこで政府はさておき自分の幸福を追求する個人がどんどん増えています。

ほとんどの人は政府のことを心配しません。
政府の借金残高が1000兆円と聞いても驚く人はいません。
それは私の問題ではなく、政府の問題で、私はどうすることもできませんと言います。
政府が借金しても自分にお金が回ってくれば喜んでお金をもらいます。
アベノミクスはよかったと言います。

政府が破綻しても自分は生き残りたいと思っています。
円が危ないと思えば代わりの通貨を手当てします。

昔のように政府が情報知識を握っていた時代は政府は重かったと思います。
しかし今は情報知識が個人にもあります。
個人は事業・仕事力を持つ工夫努力をしています。
事業力・仕事力のある人は政府の助けなど必要としません。
自分にとって役立つ政府はいいが、役立たない政府はいらないなどと言います。

政治家は大臣や国会議員になると権力を握ったと威張りますが、政府の改善方法がわかりません。
政府がかかえる問題が大きすぎて解決方法がわかりません。
何をやっても実績が上がりません。
すると人々はますます政治家や政府を馬鹿にします。

政府がどんどん軽くなっているように感じます。

(注)事業・仕事力がないと政府に依存します。政府が破綻すると共倒れになります。
社会福祉拡充はいいのですが、事業・仕事力がない人を増やしていると、政府が破綻したとき社会混乱が大きくなります。

|

« 滋養強壮・栄養補給剤(指定医薬部外品) | トップページ | 裸で食事をするレストラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府がどんどん軽くなっている:

« 滋養強壮・栄養補給剤(指定医薬部外品) | トップページ | 裸で食事をするレストラン »