« イスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師 | トップページ | トルコの動きが心配 »

2016.07.20

イスラム系に‏開かれた社会づくりは簡単ではない

ヨーロッパに流れ込んだイスラム系は白人から疑われ、差別されることが多いと思います。
多情多感な若いイスラム系にとって我慢できないことがあるのではないでしょうか。

ヨーロッパ各国政府は差別をなくすことに全力を投入した方がいいと思います。
テロリストを捜索して逮捕する、テロ組織を撲滅するなどと言っているだけではテロはやまないと思います。
現にブラックリストにのっていない人がテロを実行することが増えています。
テロリストが誕生しているからです。

しかしイスラム系に開かれたヨーロッパ社会は簡単ではなさそうです。
イスラム系を受け入れた以上、政府は、差別なき社会づくりを行うしかありません。
一方で生活支援、教育支援、事業・仕事支援も必要だと思います。

|

« イスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師 | トップページ | トルコの動きが心配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム系に‏開かれた社会づくりは簡単ではない:

« イスラム教指導者フェトフッラ-・ギュレン師 | トップページ | トルコの動きが心配 »