« お中元 | トップページ | 政府依存ではなく、自立を考えた方がいい »

2016.07.26

個人主義が孤立を招くとこわい

現代は個人主義が強く、我を張る人が増えていると思います。
自分は正しい、悪いのは他人と考えます。

個人主義でも社会における自分の居場所が安定していれば特に問題はおこりませんが、居場所を失うと感情は傷つきます。
孤立して反社会的、非人間的なことを考えるようになる恐れがあります。

7月26日神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設でおこった26歳の男性によるナイフ刺殺事件は死者19人、重軽傷者26人に及び、人々を恐怖におとしいれました。
男性はこの施設の元職員だったそうです。
何かが原因で退職したと思いますが、居場所を失った原因を障害者にしてしまったようです。
障害者を殺すと思いつめてしまったようです。

思うようにならない障害者相手の仕事は、包容力、忍耐力が必要と思いますが、ちょっと甘い考えで就職したのではないでしょうか。
想像をこえた現実に耐えることができず、退職したのではないでしょうか。
自分に問題があったのですが、障害者に問題ありとし、障害者を否定しまったのではないでしょうか。
殺人を犯して自分に問題があったことを知ることになってしまいました。

神経系に問題があったか、思考に問題があったかわかりませんが、個人主義が孤立を招くようなことになると社会や他人を否定して自分が否定される悲劇が増えるのではないかと心配です。

|

« お中元 | トップページ | 政府依存ではなく、自立を考えた方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人主義が孤立を招くとこわい:

« お中元 | トップページ | 政府依存ではなく、自立を考えた方がいい »