« 中国政府と日本政府の関係改善はむずかしい | トップページ | 原発再稼動の動きだが日本は原発の危険を忘れたのか »

2016.08.31

労働力不足を問題にしすぎない方がいい

もの・サービスが豊富でかつ価格が安いということは嬉しいことですが、非常に無駄が多いことを示しています。
したがって労働対価が上がりません。

ほとんどの人は他人と同じようなことをやります。
当然のことながら苦しい競争を強いられます。

しかし人は現状で満足しません。
そこで人と違ったことをやろうと挑戦する人が出ます。
人の移動が生じます。

したがって労働力不足と騒ぎすぎない方がいいと思います。

社会問題は時間をかけて解決した方がいいと思います。
人口減少、老人割合増加を悪いと考えず、現実と受け入れた方がいいと思います。
数十年もすれば情況は変わります。
普段の問題解決努力が実を結び、労働力は十分ということになります。
老人割合の減少が起こり、労働生産性の改善が進み、人口が減少した状態で労働力が十分ということになると予測します。

|

« 中国政府と日本政府の関係改善はむずかしい | トップページ | 原発再稼動の動きだが日本は原発の危険を忘れたのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64135271

この記事へのトラックバック一覧です: 労働力不足を問題にしすぎない方がいい:

« 中国政府と日本政府の関係改善はむずかしい | トップページ | 原発再稼動の動きだが日本は原発の危険を忘れたのか »