« 外人も人、外国も国 | トップページ | 労働力不足を問題にしすぎない方がいい »

2016.08.24

中国政府と日本政府の関係改善はむずかしい

久しぶりに、今日午前、韓国、中国、日本の外相会談が東京で開かれ、平和に向かって一歩前進できるかと期待したが、中国のワンイー外相は硬かったようです。
彼は歴史を直視すべきと言ったそうです。
日本は歴史を直視していないと批判しているのでしょう。
戦前戦中の侵略について事実を知ろうとしていない、反省していないという意味でしょう。

日本の人々は過去のことは水に流して忘れたいと思う傾向があります。
日本が加害者であった場合も被害者であった場合も事実をうやむやにしてしまう傾向があります。
知りたくない事実、知られたくない事実、思い出すと不愉快になる事実が多いからでしょう。

日本の戦争に関する数多くの記録が本や記録映画になって公開されています。
読んだり、見たりすると悲哀を感じ暗い気持ちになります。

近年は中国が外国に対して加害者になり始めました。
中国の立場が悪くなり、日本に、歴史を直視すべきと言う資格を失うのではないでしょうか。

年内に韓国、中国、日本の首脳会談が開かれるそうですが、いいことだと思います。
しかし現状は変らないでしょう。
戦争だけは回避してほしいと思います。

現状でも経済交流、文化交流を続けることができれば中国と日本の人々は喜ぶべきことと思います。

|

« 外人も人、外国も国 | トップページ | 労働力不足を問題にしすぎない方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64105002

この記事へのトラックバック一覧です: 中国政府と日本政府の関係改善はむずかしい:

« 外人も人、外国も国 | トップページ | 労働力不足を問題にしすぎない方がいい »