« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.31

安倍晋三内閣の金融緩和と財政出動は大失敗だった

S161031

円安になった結果、ドルベースで見た国民の円資産価値は200兆円規模で下がったと思います。
この損は非常に大きかったと思います。

輸出が数量的に伸びればよかったのですが、円安になっても海外生産の流れは変わりませんでした。
毎年貿易収支赤字が続き、最近5年間で50兆円規模の損になりました。
(注)原発停止もあり、不運にも化石燃料の輸入が増え、円安が非常に悪影響を与えました。円高であれば、影響は小さかったと思います。

貿易外収支は黒字で推移しましたが、貿易赤字が大きく、基調として経常収支は±0でした。

確かに2010年には年500万人規模の訪日外国人客数を2015年には2000万人規模とし、外国人旅行消費額も1兆円規模から4兆円規模にしたのは安倍晋三内閣の実績です。
日本の観光地を海外でよく宣伝し、また訪日手続きを簡素にして円安効果を十分活かしたと思います。
最近5年間で8兆円規模の得になったと思います。
しかし焼け石に水だったことがわかります。

アベノミクスは大失敗でした。
政府は借金を増やし、日銀は不良債権を増やし、国民は資産価値を減らしました。
(注)円高になるとドルベースで見た国民の円資産価値はもとに戻りますが、円の信用が大幅に落ちているので戻らない恐れが大きいと思います。金利ゼロ政策で銀行不安が強まっています。反対に悪政インフレがおこると国民は致命的損失を被ることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.30

経済が元気がない理由

経済成長期に形成された経済構造は、普通なら1990年ごろのバブル破裂で崩壊するのですが、経済混乱を恐れた政府が全力で古くなった経済構造を支えました。
何とか経済混乱を避けましたが、経済の老化が進んでいます。

新しい人がどんどん起業することが重要ですが、政府は既存経済構造温存を図ったので、新人の起業を妨げるような社会になってしまいました。
日本は起業がむずかしい国と言われています。
既存企業集団が政府と結託して新規参入を妨害、起業手続きが煩雑、税制が煩雑などが原因です。
有害な利権構造が出来ています。
異次元の金融緩和をやっても起業環境が劣悪では、お金が起業に回りません。

電力事業の自由化に大いに期待しましたが、自公政治は、原発保有電力会社を助けることに一生懸命です。
これでは放射能汚染はひどくなるし、電気代は安くなりません。
電気代は電力会社に払う電気代だけではありません。
政府の原発保有電力会社支援、原子力技術開発、放射能漏洩・汚染・被害者救済・保障対策などのために払う税金も電気代です。

政府が弱者(個人)を助けることは必要ですが、老化した会社を助けることは問題です。
会社の新陳代謝を促進し、人はどんどん成長会社に移動できるようにすることが経済を元気にします。

国家主義、保護主義は経済を元気にしません。
世界的視野で、あるいは本当に世界で活躍する事業家・仕事人を育てるべきです。
国土の狭さを気にするより、思考の狭さを気にするべきです。
政府は北方諸島を返してもらえないからロシアと経済交流しないと言いますが、このような考えは人の経済活力を落とします。
朝鮮(北)は拉致被害者を返さないから制裁すると言いますが、制裁して拉致被害者が帰ってくるでしょうか。
経済交流した方が帰ってくる確率が上がります。
取引すればもっと上がります。
政府は二重、三重の損をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.29

放射能汚染と戦争の不安

私は大きな不安が二つあります。
一つは放射能汚染です。
神奈川県の北方に東京電力柏崎刈羽原発、西方に中部電力浜岡原発があるので心配です。
どちらも大地震で破壊を受けそうです。
もう一つは戦争です。
朝鮮(北)が核兵器とミサイルを開発していますが、日本は制裁を強化すると言います。
国の言うことを聞いているとすでに戦争しているかのような言い方です。
ミサイルが飛んで来たら迎撃すると言います。

原発についてはすぐ廃止した方が、安全であり、かつ経済的と思います。
稼動すると無事故であれば電力会社が儲かるそうですが、放射性廃棄物量は増えるので国の処理処分の負担が上がります。
放射性廃棄物処理処分は永遠の仕事になり、子々孫々、安全管理に苦しむことになります。
もちろんお金もかかります。
放射能汚染の恐れも大きくなります。

日本が朝鮮と戦争する必要性はまったくないと思います。
昔あった拉致問題は、冷戦時代におこったことです。
経済交流するような関係になって初めて解決の糸口が見つかるのではないでしょうか。

国は本当に人々のことを考えて政治・外交を行っているか疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.26

サラリーマンが退職後事業家や資本家になることはむずかしい

Spa230016

今は金利ゼロ社会になっています。
1990年以降、国の借金がどんどん増え、高金利だと国が破綻するので国が意図的に金利ゼロ社会をつくった、
人々の預金が増えたが、人々の生活水準が上がり、もの・サービスの需要が頭打ちになったため、経済が横這いで、銀行にとって有望な融資先が減り、高金利を人々に払えなくなったので銀行は金利を下げた、
ということでしょうか。

預金金利ゼロとは、預金するなとの銀行からのメッセージです。
したがって人々は預金以外の資産運用を考えなければなりませんが、経験知識が乏しく、自分で資産運用をできません。
しかし信託会社を信用していいのか悪いのかわかりません。
証券会社での株の売買などは大半の人が損すると言われています。

戦後の経済成長は、アメリカ、ヨーロッパの会社を先生にし国や銀行の助けを受けて主に既存の会社が頑張ってもたらしました。
事業家、資本家も大勢現れましたが、大半の人々はサラリーマンになりました。
経営者もサラリーマン経営者でした。

大半の人々は事業家、資本家としてではなくサラリーマンとして労働サービスを売ってきました。
退職後、事業家になるとか、資本家になることは実質不可能でないでしょうか。

私もサラリーマンでした。
今事業家のまねごとをやっていますが、経験知識なく、個人業以上のことを考えることはできません。

経済横這いの現代は、新事業家、新資本家を産む、産みの苦しみの時代ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

日本は表面的な力を重視している

S

全国紙の中では読売新聞が購読者数が一番多いそうです。
日本主義なのかアメリカ主義なのかよくわからない新聞ですが、人間主義ではないようです。
強大を重視しているように見えます。
人の命を大切にしている感じがしません。

読売新聞の購読者数が一番多いということは、人々も、人間的であるよりは強大を重視していることを暗示しています。
しかし人々が強いのではなく、自分の弱さを国の強さで飾りたいということだと思います。
読売新聞が重視する強大は表面的なもので非常に脆いと思います。

本当の強さとは、表面的なものではなく、内面的なものだと思います。
原子力、軍事力などの力を重視しても、人々が、自信なく、弱々しかったら個人の総合である国も実は弱々しいものです。

明治以降の富国強兵の結果が戦争であり、周辺国への侵略であり、周辺国および日本の人々の死であり、国土荒廃でした。
現代の人々はこの明治以降の歴史を勉強していないと思います。
再び人々は自分の弱々しさを、国の力で隠そうとしています。
これは危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.22

信頼関係が乏しい老夫婦

S161023

これは私達のことです。
老人になっても信頼関係を維持している仲のいい夫婦があります。
しかし私の場合は、残念ながら仲はよくありません。

私が55歳で会社をやめ、個人業を始めようとすると、妻は私を信用できなかったようで、退職金と私の年金をすべて自分(妻)の管理にゆだねるなら会社をやめることを認めると言いました。

私は、退職金と私の年金をすべて妻の管理にゆだねることにして決心どおり個人業を始めました。
妻は私の個人業が失敗すると思ったのでしょう、よそよそしくなりました。
退職金と年金を取り返されることを恐れたのでしょう。

まず利益を出すことが大事です。
最初は労働サービスで儲けました。
事業資金ができるとやりたかった情報産業を手がけました。
利益は私の管理資産とし、事業に活用しました。
途中病気になり事業継続が危なくなりましたが、幸い病気が治り、事業も再開し、今では私の管理資産の方が妻が管理する資産よりはるかに多くなりました。

すると妻は、私が家計費を分担しないと不平ばかり言うようになりました。
退職金と私の年金で十分生活でき、貯蓄も十分残っているのにです。

何とも理想とは程遠い夫婦です。
しかし収益を目的とした事業・仕事をやらない老人がお金の心配をしながら生きることは普通でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.19

戦死者に感謝するとはどういうことか

靖国神社に参拝する‍政治家が戦死者に感謝すると言います。
戦死をほめたたえています。

明治以降の大きな戦争は日清戦争、日露戦争、太平洋戦争です。
いずれも正当防衛ではありませんでした。

国は好戦的侵略的でした。
積極的に戦争に参加した人もいたでしょう。
しかし大半は戦争に参加させられたと思います。

私の父は、家族3人を養っていた会社員でした。
ある日、赤紙(軍隊の招集令状)が来て、太平洋戦争に参加させられました。
そしてある日、負傷して帰って来ました。
生きて帰ったからまだ幸せな方でした。
戦死したら父も不幸だったし、私達も不幸でした。

父は戦争経験を決して私達に話そうとしませんでした。
私達に言えないことを経験したのではないでしょうか。

明治以降の戦争で死んだ人に感謝するとはどういことでしょうか。

靖国神社に参拝する政治家は思考が変です。
普通の人だったら、戦死者はひどい目にあった、不幸だった、かわいそうだったと思います。
申し訳ないことをしたと思います。
残された家族は苦労したと思います。
感謝するのは異常です。

要するに、今どきの若い政治家は、明治以降の日本の戦争について無知だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

皇室の人は不自由

政府は、天皇の恣意的退位をどう防ぐかと議論しています。
天皇が天皇職をやめたいと思ってもやめさせないという訳です。
天皇は不自由だと思います。

天皇に限らず皇室の人は不自由です。
普通の人が享受する自由に生きる権利が制限されています。

戦後すぐ発表された天皇の人間宣言はどうなってしまったのでしょうか。

天皇制は日本の伝統的文化ですが、その文化を保存するために皇室の人の自由を制限する必要があるでしょうか。
普通の人として自由に生きる道を広くすることが大切と思います。

伝統的文化は「無理して」保存すると、中身が変わってしまいます。
つまり伝統の保存ができません。

天皇制は、これまでのことについて記録し、その記録を保存することが大事になると思います。
今後は皇室の人の生き方がもっと人間的になっていいと思います。
つまり伝統が変わってもいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.14

TPP(環太平洋経済連携協定)は問題点が多そう

大雑把に言えば環太平洋諸国が一つの自由経済圏をつくるということだと思いますが、具体的な内容がよくわかりせん。
交渉が秘密に保たれていたので交渉の結果も人々はほとんど知らないと思います。
ところが政府は臨時国会会期中に審議し、承認し、関連法を成立させたいと言います。

急ぐ目的は消極的なアメリカに日本が承認する方向であることを知ってもらってアメリカも承認する方向で努力してほしいからと言われています。
変な目的です。
しかも、アメリカと日本を比較すると、TPPは日本に有利であるような印象を人々に与えています。
内容がわからない段階で政府の言うことを信用することはできません。

人々によく知ってもらうことが一番大事と思いますが、政府はその気はないようです。
人々は政府についてこいという姿勢ですが、人々は政府について行けないと思います。
TPPでも政府と人々はすれ違いそうです。
これではTPPはいい方向に機能しないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

原発保有電力会社の責任を明確にすべき

国が原発保有電力会社を助けていると電力事業の自由化が実現しません。
原発の発電コストが石炭火力に続いて安いかどうかもわかりません。
電力会社の責任を明確にして、責任ある行動を取らせるようにした方がいいと思います。

原発事故を起こしたら責任をとってもらうべきです。
事故原発処理はもちろん、汚染対策、被害者救済もやらせるべきです。
お金がないと言わせてはいけないと思います。
お金がないと言うなら原発以外の発電・送電施設などを売ってお金をつくってもらうべきです。

放射性廃棄物処理、廃炉処理も電力会社の責任とすべきです。
放射性廃棄物永久保管も電力会社の責任とすべきです。
関連技術の開発も電力会社の責任とすべきです。

原発を稼動してすでに40年がたっています。
いつまでも国が原発保有電力会社を保護する必要はないと思います。

国が原発保有電力会社の保護をやめれば、電力事業への新規参入が増えると思います。
本当に事業力のある電力会社が生き残るようになると思います。

日本は国が電力産業を混乱させていると思います。
原発に肩入れしすぎました。

一説に国は核兵器をつくるために原発を稼動させてきたと言われています。
国が言う非核三原則に反します。
核武装論者の勝手な主張でしょう。
地球上では核兵器は無用です。

核兵器を持っていても使えません。
使ったら国単位で滅びるでしょう。
世界が滅びるでしょう。
核兵器保有は愚かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

日本は無法時代に入った

白紙領収書をもらって自分の名と金額を書くことは問題ないと菅義偉内閣官房長官が国会で堂々と言っています。
この問題で菅長官が罰されないなら菅長官に見習う人が増えるでしょう。

自民党は憲法を変な解釈をしてその解釈を正しいと言います。
憲法で変な解釈を平気でやる政党です。
すべての法律を自分の都合のよいように解釈します。

これでは法律は効力を失います。
日本は無法時代に入ったようです。

どうしてそんな自民党を人々はいい政党と言うのでしょうか。
どうして反対党が育たないのでしょうか。
いよいよもって日本は不可解な国になってきました。
政府も人々もおかしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

殺人は殺人を呼ぶ

日本弁護士連合会は、10月7日、福井市で開いた人権擁護大会で死刑廃止宣言を採択しました。
死刑なき社会は健全だと思います。
死刑もまた殺人だからです。
死刑とは殺人が殺人を呼んだ結果です。

この採択に先立ち、同市で6日に行われたシンポジウムで、作家の瀬戸内寂聴氏が「人間が人間を殺すのは一番野蛮なこと。みなさんがんばって、『殺さない』って唱えてください。殺したがるばかどもと戦ってください」などと死刑制度を批判するビデオメッセージが流されたそうです。
ところが会場にいた殺された被害者の遺族らが反発したそうです。

西アジアには「目には目を、歯には歯を」という言葉があります。
人の目を潰したら自分の目を潰して償え、人の歯を折ったら自分の歯を折って償えという意味です。
したがって殺したら死んで償えということになります。

しかし、自分が死んで償うのも自分を殺すので問題です。
まして別の人が殺人者を殺すとなると殺人の連鎖が止まりません。
瀬戸内氏は、感情的に表現しましたが、殺された被害者の遺族でも、殺人者を殺したいと思うことはその人のためになりません。
殺すと思うと心が荒みます。
彼女が「殺さないと唱えてください」と言ったのは、殺すとの思いから自分を解き放ってくださいという意味です。

キリスト教の教祖イエスは殺人をやったことはありませんが、彼が時の権力者の権力を認めず、人々に自由を説き、多くの人々が彼のお話しに感動したので権力者は彼を危険と判断し、死刑にしました。
そのとき、彼は弟子達が権力者に報復することを認めませんでした。
殺人の連鎖を止めたのだと思います。

死刑を廃止しても法は殺人者を野放しにする訳ではありません。
逮捕して裁判にかけ、犯罪の重みに応じて罰します。
瀬戸内氏は罰の中から死刑は取り除いてほしいと言っています。

国も人の集団です。
死刑がない国は人間性に富んでいると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在の経済力に安心せず、国内生産を重視すべき

ハイチはカリブ海にある小さな島の西半分からなる小さな国です。
農業の国だったのですが、度重なる自然災害に苦しめられ、アメリカなどから経済支援を受けて、よくなったのではなく、反対に農業まで崩壊しつつあります。
アメリカから来る安い農産物はハイチの農業に致命的打撃を与えました。
農業が出来なくなった人々が別の産業で働くことができればよかったのですが、別の産業が育っていません。
人々は貧困から脱出できないでいます。
国連あるいは強大国が弱小国を支援する場合、産業が育つような支援を考えるべきです。

戦後の日本ですが、農業が崩壊し、人々は食料不足に苦しみました。
国連やアメリカは小麦、トウモロコシ、大豆、ミルク、缶詰などを支援して日本を助けました。
栄養失調に苦しむ人々にとって救いでしたが、いつしか日本はアメリカの食料に依存するようになり、現在はお米まで危なくなってきました。
幸い日本は工業、サービス業が発達し、アメリカから食料を買う力を持っています。
しかし工業が要注意の状態です。
サービス業だけで日本の人々が富裕ということはありえません。
輸入すればいいと考えず、第一次産業も第二次産業も現代的、未来的思考で挑戦すべきと思います。

農業ですが、政府の施策を見ていると、相変わらず個人の篤農家を募っていると思います。
個人業を支援してどうやって農業を復活させると言うのでしょうか。
篤農家だけでなく、資本家、経営者などが参加して会社が農業経営をやるべきです。
農協が農家を束ねているような農業構造では未来はありません。

農協組織はそのままにして農業を自由化し、自由に会社が農業をできる法律・制度を設けるべきです。
農協だって馬鹿ではありません。
脱皮をするべく頑張ると思います。

それにしても貴重な生産地である国土が放射能汚染で失われつつあることは恐ろしいことです。
政府や電力会社は、生産環境の重要性を理解できていません。

人々が目覚めて、原発反対の政治家・政党を国会に送ることが非常に大事と思います。
日本衰退に人々が加担するようでは自滅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.07

人々のために政治を行うという目的を国は忘れている

横浜市は多少は放射性物質で汚染されていますが、何とか人々は生活・生産しています。
放射能汚染がひどくなくて本当に幸運でした。

しかし、東京電力柏崎刈羽原発や中部電力浜岡原発が稼動するとなると安心できません。
新たな放射能汚染の恐れが心配です。

私は原発による電気をほしいとまったく思っていません。
長い目で見ると原発の発電コストは非常に高くなります。
その上、環境汚染に悩まされるのではたまったものではありません。

どうして国は人々を苦しめるようなことをするのでしょうか。
つくってしまった原発を稼動しないと国と電力会社は大損する、原発で生活している人は収入を失うと心配しています。
人々のために政治を行うという国の目的を忘れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »