« 高価なお墓の需要は減る | トップページ | 現在の経済力に安心せず、国内生産を重視すべき »

2016.10.07

人々のために政治を行うという目的を国は忘れている

横浜市は多少は放射性物質で汚染されていますが、何とか人々は生活・生産しています。
放射能汚染がひどくなくて本当に幸運でした。

しかし、東京電力柏崎刈羽原発や中部電力浜岡原発が稼動するとなると安心できません。
新たな放射能汚染の恐れが心配です。

私は原発による電気をほしいとまったく思っていません。
長い目で見ると原発の発電コストは非常に高くなります。
その上、環境汚染に悩まされるのではたまったものではありません。

どうして国は人々を苦しめるようなことをするのでしょうか。
つくってしまった原発を稼動しないと国と電力会社は大損する、原発で生活している人は収入を失うと心配しています。
人々のために政治を行うという国の目的を忘れています。

|

« 高価なお墓の需要は減る | トップページ | 現在の経済力に安心せず、国内生産を重視すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64312870

この記事へのトラックバック一覧です: 人々のために政治を行うという目的を国は忘れている:

« 高価なお墓の需要は減る | トップページ | 現在の経済力に安心せず、国内生産を重視すべき »