« 日本は無法時代に入った | トップページ | TPP(環太平洋経済連携協定)は問題点が多そう »

2016.10.11

原発保有電力会社の責任を明確にすべき

国が原発保有電力会社を助けていると電力事業の自由化が実現しません。
原発の発電コストが石炭火力に続いて安いかどうかもわかりません。
電力会社の責任を明確にして、責任ある行動を取らせるようにした方がいいと思います。

原発事故を起こしたら責任をとってもらうべきです。
事故原発処理はもちろん、汚染対策、被害者救済もやらせるべきです。
お金がないと言わせてはいけないと思います。
お金がないと言うなら原発以外の発電・送電施設などを売ってお金をつくってもらうべきです。

放射性廃棄物処理、廃炉処理も電力会社の責任とすべきです。
放射性廃棄物永久保管も電力会社の責任とすべきです。
関連技術の開発も電力会社の責任とすべきです。

原発を稼動してすでに40年がたっています。
いつまでも国が原発保有電力会社を保護する必要はないと思います。

国が原発保有電力会社の保護をやめれば、電力事業への新規参入が増えると思います。
本当に事業力のある電力会社が生き残るようになると思います。

日本は国が電力産業を混乱させていると思います。
原発に肩入れしすぎました。

一説に国は核兵器をつくるために原発を稼動させてきたと言われています。
国が言う非核三原則に反します。
核武装論者の勝手な主張でしょう。
地球上では核兵器は無用です。

核兵器を持っていても使えません。
使ったら国単位で滅びるでしょう。
世界が滅びるでしょう。
核兵器保有は愚かです。

|

« 日本は無法時代に入った | トップページ | TPP(環太平洋経済連携協定)は問題点が多そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64331725

この記事へのトラックバック一覧です: 原発保有電力会社の責任を明確にすべき:

« 日本は無法時代に入った | トップページ | TPP(環太平洋経済連携協定)は問題点が多そう »