« 戦死者に感謝するとはどういうことか | トップページ | 日本は表面的な力を重視している »

2016.10.22

信頼関係が乏しい老夫婦

S161023

これは私達のことです。
老人になっても信頼関係を維持している仲のいい夫婦があります。
しかし私の場合は、残念ながら仲はよくありません。

私が55歳で会社をやめ、個人業を始めようとすると、妻は私を信用できなかったようで、退職金と私の年金をすべて自分(妻)の管理にゆだねるなら会社をやめることを認めると言いました。

私は、退職金と私の年金をすべて妻の管理にゆだねることにして決心どおり個人業を始めました。
妻は私の個人業が失敗すると思ったのでしょう、よそよそしくなりました。
退職金と年金を取り返されることを恐れたのでしょう。

まず利益を出すことが大事です。
最初は労働サービスで儲けました。
事業資金ができるとやりたかった情報産業を手がけました。
利益は私の管理資産とし、事業に活用しました。
途中病気になり事業継続が危なくなりましたが、幸い病気が治り、事業も再開し、今では私の管理資産の方が妻が管理する資産よりはるかに多くなりました。

すると妻は、私が家計費を分担しないと不平ばかり言うようになりました。
退職金と私の年金で十分生活でき、貯蓄も十分残っているのにです。

何とも理想とは程遠い夫婦です。
しかし収益を目的とした事業・仕事をやらない老人がお金の心配をしながら生きることは普通でしょう。

|

« 戦死者に感謝するとはどういうことか | トップページ | 日本は表面的な力を重視している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64383674

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼関係が乏しい老夫婦:

« 戦死者に感謝するとはどういうことか | トップページ | 日本は表面的な力を重視している »