« ゲートボール(GB)を見直そう | トップページ | 年末ジャンボ宝くじ »

2016.11.25

人は絶対ではない

絶対神を信じても人は絶対ではありません。
神を知れば知るほど自分の不完全さを知ります。

したがって人が人を裁くことは危険なことです。
そこで社会は法律を制定して、法律に基づいて有罪か裁く仕組みになっています。
罪なき人を罰することは禁止されています。
有罪の証拠がなければ罰することはできません。

宗教的社会でもそうです。
宗教的社会では、むしろ慈悲を施したり、赦したりすることで、罰すると罰されるという連鎖を止める知恵が重視されています。

ところがテロによる無差別殺戮は、罪なき人を殺しています。
無法です。

大半の人々はテロを罪と思っていますからテロリスト組織は恐怖政治を行うことができても、健全な政治ができず、人々から否定されます。
したがってテロリスト組織が支配的な社会は発展しません。
テロリスト組織は消える運命です。

テロリストは、自分は社会から否定されていると思い、あるいは社会が悪いと思い、テロリストになったと思いますが、テロリストになると確実に社会から否定されます。
つまりテロリストになっても問題解決になっていません。
反対にもっと自分が否定される状態になります。
早く気付くといいのですが、気付く前に死んでしまう(殺されてしまう)ことが多いものです。

|

« ゲートボール(GB)を見直そう | トップページ | 年末ジャンボ宝くじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64542268

この記事へのトラックバック一覧です: 人は絶対ではない:

« ゲートボール(GB)を見直そう | トップページ | 年末ジャンボ宝くじ »