« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.12.31

戦後70年以上たっても韓国や中国が日本の先の戦争を批判し続ける理由

従軍慰安婦問題は解決したと思ったら、年の暮れ、また韓国で従軍慰安婦像が建設されました。

靖国神社に祀られている戦死者について稲田朋美防衛大臣などが、国のために尊い命をささげた、感謝すると言うので、韓国や中国の人々は大臣は先の戦争を反省していない、歴史認識がおかしいと思うからでしょう。

「国のために尊い命をささげた」などの表現は、戦死者の遺族をおもんばかった儀礼の言葉と思いますが、韓国や中国の人々には誤解される言葉です。
先の戦争は正しかったと聞こえるでしょう。

日本の人々が大臣の儀礼の言葉ではなく、先の戦争を反省する言葉を評価するようにならないと大臣はいつまでも儀礼の言葉を言い続け、韓国や中国の人々はいつまでも日本の大臣は歴史認識がおかしいと言い続けるのではないでしょうか。

先の戦争について、大臣は、侵略戦争だったと認め、戦死者に政府は申し訳ないことをしたと謝った方がいいと思います。
ことあるごとに韓国や中国に申し訳ないことをしたと謝った方がいいと思います。
なまじっか戦死者に儀礼の言葉をつかって先の戦争をきれいごとにするので韓国や中国の人々の反感を買います。
戦死者に対する謝罪なら遺族も政府に怒りを覚えることはないのではないでしょうか。
韓国や中国の人々も大臣は歴史認識がないとは批判しないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.29

事故原発については国民も責任意識が乏しかった

原発事故から5年以上たったのに不安を感じながら2017年を迎えます。
暗い日本になりました。

地震で揺れを感じるたびに東京電力福島第一原発(事故原発)は大丈夫だったか、大規模放射能漏洩はおこらなかったかと不安になり、情報収集を行います。
政府と東京電力は全力で事故原発処理に取り組んでいません。
責任意識が乏しいからです。

東京電力が電力事業を続けながら事故原発処理に全力で取り組むことは不可能です。
火力・水力発電施設、送電施設等を売却して、事故原発処理資金をつくり、事故原発処理に全力で取り組むべきです。
お金がつきたら事故原発処理を政府に引き継いでもらう以外に方法はないと思います。

原発事故については政府の責任は東京電力より重いと思います。
原発推進の方針を打ち出し、東京電力に原子力発電をやらせたのは政府です。

もし、原子炉建設用地取得、放射能漏洩・汚染対策、賠償、廃炉、放射性廃棄物処理の責任を東京電力にもたせたら、東京電力は震え上がって原発をやろうとはしなかったと思います。
原子力発電は不可能と判断したと思います。
東京電力ができないことはすべて政府が引き受けました。
東京電力が損しないように政府は配慮しました。

しかし国民は東京電力に対する政府の配慮を承知していたでしょうか。
何も知らなかったと思います。
政府を信用して政治をまかせると、最後の尻ぬぐいは国民がやることになります。
事故原発の尻ぬぐいも国民がやることになります。

国民の責任意識も乏しかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.27

東京都、オリンピックの準備に必要なお金で四苦八苦

S161227

東京都は見積もりを大幅に誤ったようです。
安く見積もって都議会や都民を騙したのでしょう。
結局苦しむのは都です。

他県等に施設の協力をお願いするとき、コスト分担、収益の分配をどうするか決めますが、どうやら東京都は施設をオリンピック仕様に変えるのに必要なお金についてはお願いした後に県等がもてと言い出したようです。

東京都の交渉下手はひどいものです。
オリンピックを誘致した以上、今さらやめるとは言えず、多くの人々に迷惑をかけながら何とか東京都は実行するでしょう。

オリンピックは世界のお祭りとして有益と思いますが、開催国の人々に対する悪影響が大きくなるのは問題です。
大津波災害からの復興、原発事故処理が遅れる心配があります。

原発事故処理の遅れは、致命的大規模放射能漏洩・汚染の原因になる恐れがあります。
事故原発はいまだに密閉系に入っていません。
しかも非常に不安定な状態で、再び大地震、大津波などにあったらどうなるかわかりません。

不安な毎日が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.25

歳末は退屈

S161225

今年のゲートボール活動は12月23日に区ゲートボール連合主催のゲートボール教室の忘年会で終わりました。
24日は、町の中にある初期消火箱の点検を行いました。
糸魚川市の大火を見て、点検しておこうと思いました。
私の町は消火栓を使う訓練がよく行われてます。

76歳ですでに生活を単純化していますので歳末と言っても別に忙しくありません。
あと1日町の活動が残っていますが、これで今年の町の仕事は終わりです。

クリスマスは何もやりません。
静かに過ごします。

年賀状書きはもうやっていません。
正月になってからまだ20通ぐらい届きますので、これはいただいてから年賀状ではなく、返事を書くようにしています。

歳末は退屈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.23

無数の宗教や宗教団体が争うことなく共存している

S161223

日本は憲法で信教の自由を保障しています。
素晴らしいことだと思います。
何か一つの宗教が真実とは言えないからです。
世界三大宗教(仏教、キリスト教、イスラム教)という言葉がありますが、信者が多い宗教という意味で、宗教の信頼性を表現している訳ではありません。

私が昔入社した会社の主力工場は山の斜面から平地にかけてありました。
山の斜面にその山の名前をつけた〇山神社という私設神社がありました。
入社してこの工場で実習を受けましたが、神社参拝を強制されたことはありませんでした。
新年になると重役達はうちそろって神社に参拝しました。
幸い、私はこの会社の重役になりませんでしたので参拝したことは一度もありません。
〇山神社周辺は桜がいっぱいで、花が咲くと工場の人々は神社周辺に集まって飲めや歌えの大騒ぎでした。
私もこのお花見には参加しました。
若い女性従業員も前後不覚になるまで飲み潰れるので問題が起こるのではないかと心配しましたが、工場管理者、女性寮管理者などが見回りをやっていたのでしょう、事件のニュースを聞いたことはありませんでした。
神社と言ってもこの程度の神社で神主がいる訳ではなく、形だけで、宗教的権威などまったくありませんでした。

全国に無数の神社仏閣がありますが、神社仏閣は主に個人の祈りの場であることを重視しています。
日本の宗教団体は、非常に信者が多い団体でも政治権力を追求することはありません。
創価学会が公明党をつくりましたのでちょっと不気味でしたが、今では公明党はただの普通の党になり、宗教性を失ってしまいました。
創価学会の教えに反するようなことを平気でやっています。
オウム真理教は政治に進出することに失敗し、社会を憎み、幹部がテロをやり、崩壊しました。
幸福の科学は宗教団体として成功し、‎政治に進出しようとしていますが、成功していません。

かなりの数の国会議員が靖国神社を特別扱いし政治的に利用しようとしていますが、靖国神社自身は、自分は宗教法人であると言って憲法に従っています。
自民党は政治に天皇を利用しようとしており、言動が宗教性を帯びていますが、天皇は憲法に従っています。

現代の主流は戦後世代です。
大半の人が、天皇の生前退位を認めています。
人間主義を尊重し、天皇も人間と理解しているからでしょう。
人間主義は宗教より近代的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.21

反物質を考え、見つけ、つくるほど有能な人間が世界を戦国時代のようにしている無能とはどういうこと

S161221

私達が存在する宇宙が誕生したとき物質と反物質ができたのだそうです。
ところが現在の宇宙を観察すると物質は観測できるが反物質はなかなか観測されないそうです。
そこで科学者は一生懸命反物質を探して来ました。

1932年、宇宙線の研究をしていた物理学者アンダーソンが正の電荷を持つ電子、つまり陽電子を発見しました。
1955年、物理学者セグレとチェンバレンは粒子加速器を用いて反陽子と反中性子をつくりました。
1995年、ヨーロッパ原子核研究機構(CERN)とドイツの研究チームは陽電子と反陽子からなる反水素をつくることに成功しました。

その後は反水素づくりが急速に進歩し、今では反水素原子を万の単位でつくることができ、また1000秒以上磁気瓶という装置に閉じ込めることができるそうです。
こうして反水素原子、反陽子、陽電子の性質が研究しやすくなりました。

しかし反水素原子以外では反ヘリウム原子核が出来たとの報告がありますが、重い反物質づくりは非常にむずかしいそうです。

仮説であった反物質を本当に見つけ、さらにつくる人間の執念に驚きます。
それ以上に、昔はそうなっているとしか説明できなかった宇宙の神秘に迫っていくことができる人間の神経系に驚きます。
どうしてこんな高性能な神経系が人間に実現したのでしょうか。

ところでこれほど有能な人間が世界を戦国時代のようにしている無能とはこれまた不可解なことです。
人間とは、誕生すると、反人間を秘めているかのように複雑な言動をとり、不可解な生き方をし、死ぬと、人間と反人間が一緒になって消えるかのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

権力者の道具としての技術は恐ろしい

S161218

技術者は一つのことに集中する傾向が強いと思います。
自分の仕事で死んでもいいと思っている人も多いと思います。
だからこそ技術で成果を上げることができるのだと思います。
しかし、それだけに人間性を欠く場合があります。

武器技術者は文字通り一生懸命武器の性能改善を行います。
寝ても覚めても改善を考え続け、アイデアがひらめくと実験します。
実際に自分が開発した武器が戦場で使われ、予想通りの威力を発揮すると、開発に成功したと大喜びします。
戦場で大勢の人が死んだり、町が廃墟になったりしても、武器技術者の目には成果でしかありません。
武器技術者は何の罪意識も持ちません。
成功に大喜びしながら、また武器の性能改善に取り組みます。

原子力技術者は原子力を使うことに夢中です。
東京電力福島第一原発事故ぐらいで原発をやめるなんてとんでもないと考えます。
大勢の人がふるさとを失っても、放射線障害に苦しんでも、原子力技術者にとっては大問題ではありません。
原発をやめることの方が大問題です。
国が核兵器を開発せよと言えば技術者は一生懸命開発するでしょう。

武器技術や原子力技術は権力者の技術として重視されているためブレーキがききません。
権力者の道具としての技術は恐ろしいと思います。
それだけに技術者は用心が必要ですが、やはりブレーキがきかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.17

日本は既得利権を重視する人が多く保守的

S161217

経済成長が止まり、横這い状態が20年以上に渡って続いているためでしょう、人々は既得利権にしがみつき、大胆に未来に挑戦する気力を失っています。
酒飲みがお酒をやめず、朝調子が悪いのでまた朝お酒を飲むような政治になってきました。

原発、在日アメリカ軍、政府の借金残高などが問題と多くの人々から批判されても、原発、在日アメリカ軍、政府などに絡んで構築された利権構造の中で生きている人々は問題解決に取り組もうとしません。
ああだこうだと適当な理由を並べて問題を先送りします。

問題は大きくなる一方で、解決はさらに困難になります。
やがて政府が破綻します。
人々が受ける苦難は非常なものとなります。
太平洋戦争の戦中戦後を思い出せば政府破綻の結果を想像することができます。

どうも日本の人々は政治を自分で考えることが弱いと思います。
わからないと無関心になり、政治を政府にまかせます。
政府から見れば騙しやすい人々ということになります。
こうして最後にひどい目に会うのは政治に無関心な人々です。

原発が危険と思ったら、政府に原発廃止を要求する意志を持つべきです。
原発は反対です、しかし政治となると自公しかないと思います、だから選挙では自公に投票します、あるいは棄権します、では原発廃止は実現しません。
原発に反対だったら素直に原発反対の政治家や政党に投票し、自分の考えを政治に反映させなければなりません。

よく現代人は太平洋戦争の責任は軍部にあったと言います。
政治責任は自分にあるとの自覚がありません。
過去のことでも責任は人々、つまり自分にあったと考えることが重要です。
そう考えることで現代の問題についても自分に責任があると考えることができます。

政府が愚劣でも自分はうまくやっていると思っている人が多いと思います。
しかし政府が愚劣だったら被害は確実に自分に及びます。

借金残高累増を止めようともしないいい加減な政府がどうして人々のために政治をやるでしょうか。
政治家が自分の利権を大事にするから、政府のお金の無駄使いがやまないことを人々は悟るべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

押し売りNHKにならないでほしい

S161214

NHKは放送と同時に番組をインターネットで配信することを考えています。
そしてネットで視聴する者に適切な負担を求める方針だそうです。

インターネットで同時配信することはいいことですが、誰でも視聴できるようにしないでほしいと思います。
視聴契約をしない者は視聴できないようにしてほしいと思います。

現在のテレビによるNHKの電波は誰でも受信できるようになっており、NHKの放送を見ない人でも受信料を支払う義務があります。
この仕組みを不合理と思う人が多く、電波受信可能なテレビを持っていても契約しない人が多くいるそうです。

昔はいざ知らず、今はテレビの用途はNHKの受信だけではありません。
テレビを持っているだけで受信料を払えと言うのは確かに不合理です。

電波放送であれ、インターネット配信であれ、NHKと受信契約しない人にはNHKの放送を見れないようにするのが合理的です。
NHK改革と言うなら是非この仕組みに変えることをお願いします。

NHKは受信料を払わない人に対し裁判を起こし、受信料を払わせています。
NHKは社会を暗くしています。
押し売りNHKと批判されてもしょうがないと思います。

NHKは放送法という法律によって運営されています。
この法律が時代遅れになっています。
NHKの裁判を恐れず、人々は不払い運動をやってもいいと思います。
人々は自由にNHKの問題を論じるべきです。
NHK問題に限らず、近年の国を見ていると、いろいろな分野で時代遅れになっており、人々のために役立たないことが多くなっています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.11

個人がそれぞれしっかりと政治を考えないと民主主義は作動しない

S161211

人の中には人を殺すような悪人がいますが、全体から見れば悪人は少数です。
したがって大勢の人からなる国が悪い国になるはずがありません。
戦争する国は原理的にはないはずです。
ところが戦争する国が存在します。

このような国では民主主義がうまく作動していません。
人々の総意で政治が行われていません。
戦争を肯定する人が政治を支配しています。
このような人は巧みに情報を操作して国民を騙し、戦争へ誘導します。

アメリカのイラク戦争を例にします。
アメリカはイラクは大量破壊兵器を持っていると、国連や国民に説明し、国連は何度かイラクに調査団を派遣し、大量破壊兵器を探しました。
しかし証拠を見つけることができませんでした。
それでもアメリカは、イラクは大量破壊兵器を持っていると主張を続け、国連の承認も得ないでイラク戦争を始めました。
イラクはアメリカに負けました。
アメリカは自分でイラクで大量破壊兵器を探しましたが、見つけることができませんでした。
イラクには大量破壊兵器はなかったと認めざるをえませんでした。

間違った理由で戦争を始めたアメリカは、罪を軽くするためイラクの民主化を指導しました。
国連はイラクの民主化はいいと思ったと思いますが、アメリカの戦争をいいとは思わなかったと思います。
アメリカは超強大国です。
アメリカを批判・非難する国は現れず、アメリカの罪は罰されませんでした。
大勢の人が戦争で死にました。
イラクでは民主化を歓迎した人でも、アメリカをいい国だと思う人は少ないでしょう。

アメリカは民主主義国と言いますが、実際は民主主義が作動していません。
裏で政治を操る人がいて、情報を操作して、国民を自分の意図する方向へ誘導します。
情報操作ができる国です。

民主主義は、人々が、一人々々、政治をよく考えて、政府を自分の欲望で動かしている人に騙されないようにしないと正しく作動しません。
政府のやることだから間違いはないなどと安易に政府に同調しているようでは騙されて国の悪行に協力させられます。

日本の民主主義も脆弱だと思います。
政治を政府に任せる態度は非常に危険だと思います。
まずは自分個人が日本のこと、世界のことをよく考えることが大事と思います。
インターネットは政府が流す情報以外の情報も流れています。
新聞テレビは偏りがありますが、インターネットは偏りが少ないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

カジノ解禁とは政府は堕落した

S161203

政府の借金残高を見るだけで政府は実質破綻していると思いますが、カジノ解禁とは実質破綻している政府が考えそうなことです。

カジノ、ホテル、商業施設などからなる統合型リゾート(IR)ができても私は行きません。

大半の人が損するカジノで自分だけが得することはまずありません。
得すると期待している間は夢が膨らんでわくわくしますが、損したとわかるとがっかりします。
何ともはかない夢です。
成就感がありません。

カジノで損する人は馬鹿だと思いますが、国・地方がカジノを経営して馬鹿からお金をとるというのは不健全です。
馬鹿を生むような国・地方であってはいけません。

カジノを経営するような国・地方は堕落していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.02

天皇生前退位は恒久法として認めた方がいい

S161202

天皇の希望に関する有識者の意見はいろいろのようですが、安倍晋三内閣は現天皇だけに生前退位を認める特例法でお茶を濁したいようです。

これはまずいと思ったのでしょうか、天皇の友人という人がメディアに登場して、天皇の本意を改めて公開しました。
生前退位できる仕組みを恒久法にしてほしいとのことです。

天皇の苦悩の種は、高齢になってからの天皇職がきついということだけではありません。
天皇職にとどまったまま亡くなると、残された人が執り行わなければならない伝統儀式がきついこともあります。
天皇制は伝統文化で保存しなければならないということですが、現代の皇族に要求することは非人間的と思われることがあります。

有識者と天皇が情報交換する場を設けないと有識者の意見は深まらないのではないでしょうか。

戦後まもなく天皇は人間との宣言がなされました。
近年の風潮を見ますと、政府は天皇を人間扱いしていません。
あろうことか自民党の憲法改正案によると天皇は元首(天皇は文字通り天皇ということでしょう)であるとなっています。
象徴として約70年定着した天皇が元首となると、自由主義、民主主義はどうなるのでしょうか。

宮内庁は皇族の仕事(含しきたり)をよく知っていると思います。
宮内庁で皇族の仕事をきちんと整理し、記録にとどめるだけにし、皇族の仕事からはずすべきもの、今後も継続すべき仕事というように分けてみてはどうでしょうか。
すると天皇が亡くなった後、残された人が執り行わなければならない過酷な仕事などを取り除くことができるかもしれません。

天皇にも一般の人と同じように天皇職を引退してのんびりと老後を楽しんでもらった方がいいと思います。
大半の国民は生前退位の仕組みに賛成だと思います。
天皇も人間であるという基本に基づいて考えるべきことと思います。

生前退位を認めると天皇制が歴史的伝統的価値を失うと心配する人がいます。
昔の天皇は生前退位したことがないのでしょうか。
昔は権限があった訳ですから天皇には生前退位する自由があったと思います。
生前退位してはならないという考えは歴史的でも伝統的でもないと思います。

生前退位の自由を認めると、そのほかのことでも皇族が自由を求めるようになり、天皇制維持が出来なくなると心配する人がいます。
しかし皇族の自由を厳しく制限すると、不満続出で、それこそ天皇制維持がむずかしくなるのではないでしょうか。
皇族にも自由に、また人間的に生きる道を用意した方がいいと思います。

憲法が認める自由は皇族も含めすべての日本人が享受すべきものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »