« 反物質を考え、見つけ、つくるほど有能な人間が世界を戦国時代のようにしている無能とはどういうこと | トップページ | 歳末は退屈 »

2016.12.23

無数の宗教や宗教団体が争うことなく共存している

S161223

日本は憲法で信教の自由を保障しています。
素晴らしいことだと思います。
何か一つの宗教が真実とは言えないからです。
世界三大宗教(仏教、キリスト教、イスラム教)という言葉がありますが、信者が多い宗教という意味で、宗教の信頼性を表現している訳ではありません。

私が昔入社した会社の主力工場は山の斜面から平地にかけてありました。
山の斜面にその山の名前をつけた〇山神社という私設神社がありました。
入社してこの工場で実習を受けましたが、神社参拝を強制されたことはありませんでした。
新年になると重役達はうちそろって神社に参拝しました。
幸い、私はこの会社の重役になりませんでしたので参拝したことは一度もありません。
〇山神社周辺は桜がいっぱいで、花が咲くと工場の人々は神社周辺に集まって飲めや歌えの大騒ぎでした。
私もこのお花見には参加しました。
若い女性従業員も前後不覚になるまで飲み潰れるので問題が起こるのではないかと心配しましたが、工場管理者、女性寮管理者などが見回りをやっていたのでしょう、事件のニュースを聞いたことはありませんでした。
神社と言ってもこの程度の神社で神主がいる訳ではなく、形だけで、宗教的権威などまったくありませんでした。

全国に無数の神社仏閣がありますが、神社仏閣は主に個人の祈りの場であることを重視しています。
日本の宗教団体は、非常に信者が多い団体でも政治権力を追求することはありません。
創価学会が公明党をつくりましたのでちょっと不気味でしたが、今では公明党はただの普通の党になり、宗教性を失ってしまいました。
創価学会の教えに反するようなことを平気でやっています。
オウム真理教は政治に進出することに失敗し、社会を憎み、幹部がテロをやり、崩壊しました。
幸福の科学は宗教団体として成功し、‎政治に進出しようとしていますが、成功していません。

かなりの数の国会議員が靖国神社を特別扱いし政治的に利用しようとしていますが、靖国神社自身は、自分は宗教法人であると言って憲法に従っています。
自民党は政治に天皇を利用しようとしており、言動が宗教性を帯びていますが、天皇は憲法に従っています。

現代の主流は戦後世代です。
大半の人が、天皇の生前退位を認めています。
人間主義を尊重し、天皇も人間と理解しているからでしょう。
人間主義は宗教より近代的です。

|

« 反物質を考え、見つけ、つくるほど有能な人間が世界を戦国時代のようにしている無能とはどういうこと | トップページ | 歳末は退屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64664612

この記事へのトラックバック一覧です: 無数の宗教や宗教団体が争うことなく共存している:

« 反物質を考え、見つけ、つくるほど有能な人間が世界を戦国時代のようにしている無能とはどういうこと | トップページ | 歳末は退屈 »