« 日本は無法 | トップページ | 安倍晋三総理の積極的平和主義は疲れる »

2017.01.24

竹島問題で日本の圧力を感じる限り、韓国人の反日感情は消えない

慰安婦像問題で安倍晋三総理が怒り、あからさまな対抗手段をとりましたが、逆効果です。
韓国の反日組織はますます気勢があがり、政治家も野党中心に大勢の人が反日組織に同調する始末です。
韓国政府は打つ手がなく、民間がやっていることだからどうしようもないと言っています。

竹島を取り返されたくないと思う人達が強い反日感情を持ち、慰安婦像建設を支援していると思います。
元慰安婦のために10億円出せば慰安婦像を除去できるような反日感情ではありません。
慰安婦像を除去しなかったことを口実に日本が居丈高になればなるほど反日組織は反日運動を強めます。

対抗すると言った安倍総理はこれからどうするのでしょうか。
経済制裁するのでしょうか。
戦争するのでしょうか。
振り上げたこぶしを上げたまま、安倍総理はいつか時が来て辞任することになります。

慰安婦像問題で日本は対抗してはいけません。
対抗しても解決しないからです。

これまで日本政府は韓国が竹島を実行支配していると言い、力をもって取り返そうとはしませんでした。
しかし近年日本政府は圧力を加えるようになりました。
韓国はその圧力を感じているのだと思います。

戦争で取り返す時代ではありません。
話し合いで取り返す時代です。
しかし韓国はよほどのことがない限り竹島を返しません。
それならば昔の日本政府の方針を続ける方が賢明です。
そうすれば反日感情は消えるでしょう。

|

« 日本は無法 | トップページ | 安倍晋三総理の積極的平和主義は疲れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64805413

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島問題で日本の圧力を感じる限り、韓国人の反日感情は消えない:

« 日本は無法 | トップページ | 安倍晋三総理の積極的平和主義は疲れる »