« いつでもどこでも祈ることができる | トップページ | 自公は強者となって人々に君臨することを目指している »

2017.01.08

日本は現状でいいと思っているが、これは思い上がり

放射能汚染のない安全な土地や海を守った方が日本の繁栄に役立つと思います。
しかし、政府は、放射能汚染があっても原発があった方が日本のためになると思っています。
人々もそう思うようで総選挙で原発反対党に投票するほど原発の危険性を認識していません。
政府は、人々の原発反対の意志の弱さを見透かして原発稼動を進めています。

しかし駄目なものは駄目で、やがて政府も人々も原発が駄目であること(原発は危険である、原発の発電コストは非常に高い、地球温暖化の原因になっている、放射性廃棄物の処理処分法がない、子々孫々放射性廃棄物の永久安全保管で苦労する)を思い知らされます。

原発を捨てる決心をする時までに大規模放射能漏洩・汚染がおこらなければいいのですが、現実は厳しいもので大規模放射能汚染・漏洩がおこる恐れが大きいと思います。

日本は、今、生活水準が高いので自分に甘くなっています。
原発の歴史認識、現実認識が乏しくなっています。
現状でいいと思いやすくなっています。
これは思い上がりです。

|

« いつでもどこでも祈ることができる | トップページ | 自公は強者となって人々に君臨することを目指している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64735902

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は現状でいいと思っているが、これは思い上がり:

« いつでもどこでも祈ることができる | トップページ | 自公は強者となって人々に君臨することを目指している »