« 謹賀新年と言っていいのか悪いのか | トップページ | 日本は現状でいいと思っているが、これは思い上がり »

2017.01.04

いつでもどこでも祈ることができる

日本では神社仏閣が発達しているので祈る場所は神社仏閣と思いがちです。
初詣で神社仏閣に行くのは慣習であってその必要がある訳ではありません。
有名な神社仏閣は大勢の人が押し寄せるので心静かに祈ることはできません。
しかし今年も初詣に行ったということで安心するのでしょう。
人波に混じると人並みに生きることができると実感できるのでしょう。

昔、明治神宮、鎌倉八幡宮にそれぞれ1回初詣に行きました。
明治神宮は会社の同僚たちと、鎌倉八幡宮は義父母と行きました。
ものすごい人出でした。
初詣は行かないと決心しました。

今ではいつでもどこでも祈ることができると思っています。
実際、そうしています。
神仏は自分に内在していると思っています。

神社仏閣に行って祈っても、場所を神社仏閣にしただけで、結果的に自分に内在する神仏に祈ることになっていると思います。
神仏像に祈っても、結果的に自分に内在する神仏に祈ることになっていると思います。
自分が、神仏は神社仏閣にいる、神仏像が神仏と思っているだけで、祈りを聞いている神仏は自分に内在していると思います。

|

« 謹賀新年と言っていいのか悪いのか | トップページ | 日本は現状でいいと思っているが、これは思い上がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64718444

この記事へのトラックバック一覧です: いつでもどこでも祈ることができる:

« 謹賀新年と言っていいのか悪いのか | トップページ | 日本は現状でいいと思っているが、これは思い上がり »