« 大規模な銃撃戦は戦闘ではなく武力衝突とは意味不明 | トップページ | 神とは »

2017.02.11

事業家・仕事人にとって活動の場が広いことは望ましい

安倍晋三内閣の北方諸島に関するロシアとの交渉は失敗と批判されています。
ロシアは北方諸島開発資本等を日本から導入することに成功したと評価されています。

いずれにせよ、時間がたてばたつほど北方諸島のロシア管理は定着します。
日本に返還される確率はどんどん小さくなります。

ロシアを利すると思っても北方諸島での共同経済活動はやった方がいいと思います。
将来、ロシアとの共同経済活動だけでなく、日本人の資本だけでも事業ができるようになれば日本人の事業・仕事の場が北方諸島に広がることになります。
国境が低くなり、北方諸島との経済交流が自由になることは望ましいことだと思います。

すでに日本の事業家・仕事人は世界で活動しています。
世界主義的行動をとっています。
北方諸島でも日本の事業家・仕事人が活動できることはいいことだと思います。
国内活動だけでは事業家・仕事人は物足りません。

国会議員、国家公務員は国にとって重要な存在ですが、事業家・仕事人のように外国で自由に活動できません。
そこで彼らは国土を広げたいと思いますが、事業家・仕事人は国境が低くなる限り、国境の位置は気にしません。
事業家・仕事人の自由が重視されることはいいことだと思います。

その点、トランプアメリカ大統領の入国制限、輸入制限は、従来のアメリカ人らしさを欠いています。
アメリカ衰退に拍車をかけるのではないでしょうか。
トランプ氏がつくった不動産会社は世界企業だそうです。
とすると彼は世界人でした。
ところがアメリカ大統領になって活動の場をアメリカに狭めてしまいました。
アメリカ大統領になるという野望が彼を世界人から国人にしたのでしょう。

|

« 大規模な銃撃戦は戦闘ではなく武力衝突とは意味不明 | トップページ | 神とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/64880648

この記事へのトラックバック一覧です: 事業家・仕事人にとって活動の場が広いことは望ましい:

« 大規模な銃撃戦は戦闘ではなく武力衝突とは意味不明 | トップページ | 神とは »