« 特殊社会が次第に大きくなりつつある | トップページ | 自分の事業・仕事の確立 »

2017.03.12

年金収入だけだが、所得税の倍以上源泉徴収されていた

S170312

国は、年金収入だけの人は確定申告をしなくていいと言うが、公的年金のほかに企業年金などをもらっている人は申告すべきです。
税金を取られすぎている人が多いと思います。
申告の作業は簡単です。

しかし、確定申告の手引きがありますが、39ページもある資料で、小さな文字がいっぱい書いてあります。
読むと目の奥が痛くなります。
年金収入だけの人用の手引きがあるといいと思います。

平成28年分は所得税の倍以上源泉徴収されていました。
現在の源泉徴収の仕組みはひどすぎると思います。

前に国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーを利用して作成したことがありますが、手計算より所得税が多くなったので今は手計算でやっています。

今年から確定申告書にマイナンバー(個人番号)(社会保障・税番号)をふすことになっていますが、源泉徴収票や各種保険料年間納付済額のお知らせにはマイナンバーがふされていません。
少なくも日本年金機構や地方の保険年金課保険係が発行したものはふすことができたはずです。
2015年にマイナンバー制度を設けたもののまだ機能していないようです。
確定申告書にふしたマイナンバーを税務署が確認し、入力し、また確認する手間は大変でしょう。
効率、透明性、利便性、公平、公正などと言っていますが、本当に役立つときが来るでしょうか。
12桁の数字をマイナンバー(私の番号)と思って愛着を覚える人は皆無ではないでしょうか。
行政が私を数字で処理するための番号にすぎないのではないでしょうか。
間違った番号で私が扱われたらひどい目に会いそうです。
私が私でないと行政に言われることもありそうです。

|

« 特殊社会が次第に大きくなりつつある | トップページ | 自分の事業・仕事の確立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65006618

この記事へのトラックバック一覧です: 年金収入だけだが、所得税の倍以上源泉徴収されていた:

« 特殊社会が次第に大きくなりつつある | トップページ | 自分の事業・仕事の確立 »