« 隣人関係、隣国関係 | トップページ | 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない »

2017.03.26

輸入品の国内生産を考えてはどうか

国としては経済世界第3位だそうですが、一人当たりGDPは低下する一方で世界中位に向かっているそうです。
当然のことながら一人当たり労働生産性が低いそうです。
貧困層が拡大中だそうです。
無駄な動きが多い、働いていない人が多いことを暗示しています。

昔は日本人は勤勉であると言われました。
人々が喜ぶもの・サービスの提供を一生懸命やってきました。
面白いように経済成長しましたが、今は違います。
供給過剰で市場には商品がいっぱいありますが、あまり売れていません。

目先を変えて新製品・新サービスを出してきますが、ヒットするものは少数です。
商品寿命も短いようです。
収益は伸びません。

一方、消費者ですが、人口減少、老人割合増加です。
よく売れなくて当然です。

国内生産の過当競争はやめるべきです。
低収益で疲れてしまいます。

輸入品の問題点を調べて改良品を国内生産する考えがいいのではないでしょうか。
現代は非常に輸入品が多い状態です。
海外で低コストで生産された品質が悪いものが数多く出回っています。

私(老人)は輸入衣類が安いのでよく買いましたが、すぐ痛むので安いものには手を出さないようにしています。
確かな衣類を買いたいと思うようになりました。
大豆製品は、国産大豆を使った製品はおいしいと思います。
輸入大豆を使った製品は買わないようにしています。
近年は小麦の生産も国内でやられているようで嬉しく思います。
品質のよい小麦に挑戦してほしいと思います。
ホームセンターで木材を探すと外材が安く出回っていますが、材質が日本の風土に合っていないものが多いと思います。
外材を使って縁台をつくりましたが、数年もすると板が筋に沿って割れる、強度が低下して人がのると折れるなど非常に低品質です。
国産材をもっとホームセンターに出すべきです。
日本の会社が海外で生産した電気シェーバーを使ってきましたが低品質でした。
悪かろう安かろうでした。
今はオランダのフィリップス製を使っていますが、これはよい製品です。
設計製造が非常によく、省エネルギーで電池のもちも最高です。
日本の会社はこれをこえる品質を目標にするといいと思います。

労働生産性を上げるにはやはり工夫努力が必要です。
まずは低収益でも苦労して改善に挑戦し、人々が喜ぶもの・サービスを提供することが大事と思います。
学ぶことは大切ですが、模倣に終わらず、自分のアイデアを入れることが大事と思います。

|

« 隣人関係、隣国関係 | トップページ | 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65067649

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入品の国内生産を考えてはどうか:

« 隣人関係、隣国関係 | トップページ | 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない »