« 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない | トップページ | ボランティア活動は健康に有効 »

2017.04.01

大規模放射能漏洩をおこす前に廃炉にするのが一番安全かつ損金が小さい

東京電力福島第一原発(事故原発)を安全に処理処分できるか誰もわかっていません。
わからないのに処理処分費の見積もりができる訳がありません。
東京電力は破綻し、政府が処理処分を続けることになると思います。
政府、つまり国民は永遠の重荷を負うことになりました。

日本(政府と人々)は原発を捨てる決心を今すべきと思います。
寿命が来るまで稼動し、それから廃炉するのが経済的などと考えてはいけません。
稼動するということは、大規模放射能漏洩をおこす恐れがあるということであり、確実に放射性廃棄物を増やすことです。
大地震などがおこる恐れが高い日本でどうして原発が安全と言えるでしょうか。
核分裂の暴走がおこらないとか、冷却系が破壊せず、燃料棒の冷却が続き、そのメルトダウンを防げるとか、いったい誰が言えるでしょうか。

福島第一原発の失敗を反省して安全対策を施したと言っても、冷却系の破壊がおこる原因は大津波だけではありません。
原発が安全になったという原子力規制委員会の判断は第二の安全神話にすぎません。
人知をあざ笑うかのように原発の大事故はおこります。

大規模放射能漏洩をおこす前に廃炉にするのが一番安全かつ損金を小さくする方法だと思います。
優柔不断は損金をどんどん増やす原因になります。

東芝は原子力事業で大失敗しましたが、原子力事業の危険性はWH買収時点でわかっていました。
WHが有望な会社であったら売りに出る訳がありませんでした。
東芝は危険を承知で買収し、心配したとおりのことがおこりました。
甘い判断が大失敗の原因です。

原子力事業が有望でないことは事実が証明するでしょう。
原発に執着することはやめるべきです。

自公政府は優柔不断で決断力がまったくないと思います。
いい加減で、人々のことを真剣に考えていないからです。
地方選挙でも、総選挙でも自公に投票せず、原発反対政党・政治家に投票すべきです。

|

« 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない | トップページ | ボランティア活動は健康に有効 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65093070

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模放射能漏洩をおこす前に廃炉にするのが一番安全かつ損金が小さい:

« 自公が政治を担当しているといい加減という日本の病気は治らない | トップページ | ボランティア活動は健康に有効 »