« 国は権力者に悪用されやすい | トップページ | 安倍晋三内閣の集団的自衛権の行使の考えは自衛をこえて、戦争の領域に入っている »

2017.04.29

自由と独立の精神をもって外交を行う気迫がほしい

S170429

憲法を大切にし、在日アメリカ軍をなくしていたら、アメリカと朝鮮(北)の戦争に巻き込まれることはないのにと残念に思います。

在日アメリカ軍があるから日本は攻撃されないと言われてきましたが、アメリカが朝鮮を攻撃するとなると間違いなく日本は朝鮮から攻撃されます。
昔と違って今は長距離ミサイル時代だからです。

アメリカはよく戦争します。
平和づくりが下手で戦争づくりが上手な国です。

今となってはアメリカが朝鮮を攻撃しないことを祈るのみです。

もし無事にアメリカと朝鮮の戦争の恐怖が消えたら、在日アメリカ軍あるいはアメリカとの同盟を見直したいと思います。
自公を政治担当からおろしたいと思います。
民進党もアメリカとの同盟を基軸にして外交を行うと言っていますから、平和づくりには役立ちません。

自衛隊は否定しませんが、在日アメリカ軍あるいはアメリカとの同盟は危険です。
東アジアの平和は東アジアの国々が、戦争しない、交流するとの信念をもって忍耐強く話し合わない限り実現しないと思います。

自由と独立の精神をもって中国やロシアと交渉できるかが日本の外交課題です。

|

« 国は権力者に悪用されやすい | トップページ | 安倍晋三内閣の集団的自衛権の行使の考えは自衛をこえて、戦争の領域に入っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65212846

この記事へのトラックバック一覧です: 自由と独立の精神をもって外交を行う気迫がほしい:

« 国は権力者に悪用されやすい | トップページ | 安倍晋三内閣の集団的自衛権の行使の考えは自衛をこえて、戦争の領域に入っている »