« 政治家は威張ることができなくなる | トップページ | ミサイルが飛来着弾すると思っている人は一人もいない »

2017.05.16

安倍晋三内閣の政治で何が改善されたか

S170516

経済成長せず、借金政治が続いています。
政府の借金残高は1100兆円規模に増えました。

社会福祉の劣化が大問題になっています。
貧富の格差が拡大し、貧困層が増えています。
教育を受ける公平性が失われ、貧困層拡大の原因になっています。
崩壊家庭が原因ですが、食事も十分とれていない子供達が増えています。

政府の産業界への介入がひどく、会社の新陳代謝が進まず、将来有望な新会社の誕生が少ないと思います。
農業改革は遅々として進んでいません。
食料自給率は低下しています。

政府の教育分野への介入もひどく、将来有望な人材育成も弱くなっていると思います。
思想統制義務教育では自由教育が委縮します。
国が大学に介入すると大学の自由研究が委縮し、問題解決能力の乏しい卒業生が増えます。

放射能汚染地の除染は中途半端、取り除いた汚染土はフレコンに入れて人々の生活の場に置いてあります。
事故原発の処理処分は遅々として進まず、事故原発が開放系にあるので現在も放射能漏洩が続いています。
半壊状態ですから大地震が来ると再び大規模放射能漏洩・汚染を起こすと予測されています。
高速増殖炉(実証炉)は廃棄と決まり、核燃料サイクル構想は白紙に戻りました。
原発は放射能漏洩・汚染を起こす恐れがあるのに廃止しません。
原発再稼動を進めていますが、放射性廃棄物が増え続けるだけです。
これは生活・生産環境軽視です。

朝鮮(北)問題は大きくなる一方で、とうとう安倍内閣は、ミサイルが飛来着弾したら地下鉄に避難せよ、雨戸を閉め、家に閉じこもれなどと言うようになりました。
平和づくりどころか、戦争の恐れが大きくなっています。

東京オリンピックは、事故原発で大規模放射能漏洩・汚染がおこると東京など広域が汚染される恐れがあり、開催は無理との考えが出ています。
また準備の負担が重すぎて東京都も国もお金を出せないの合唱です。

リニア新幹線の建設に気楽に入りましが、採算性はないと言われています。

大地震が近いと言われていますが、防災対策はとれていません。

安倍内閣はいいところがないのに今度は憲法改正と言い出しました。
従来の自民党案は反故にし、また新しい改正案をつくるそうです。

何をやっても安倍内閣は中途半端で実績を残していません。
安倍内閣は何をすればわからない状態ではないかと思います。

安倍内閣は色あせました。


|

« 政治家は威張ることができなくなる | トップページ | ミサイルが飛来着弾すると思っている人は一人もいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65287741

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三内閣の政治で何が改善されたか:

« 政治家は威張ることができなくなる | トップページ | ミサイルが飛来着弾すると思っている人は一人もいない »