« サボテンの花がまた咲いた | トップページ | 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける »

2017.05.30

ゴルフ

S170530

大学に入学すると体育担当の先生がゴルフをやっていたので大学ではゴルフをやるのかと思ったが、別にこの先生は学生にゴルフを教える考えは持っていませんでした。
当時近くにゴルフ場がなかったからでしょう。
会社に入ると重役や重役候補がよくゴルフをやっていました。
私も中堅になると接待ゴルフに誘われることがありました。
しかし自分の価値観に会わなかったのでゴルフをやりませんでした。
私が重役になった頃はすでにゴルフ衰退が始まっており、ゴルフをやらなくても私が困ることはありませんでした。
こうして一度もゴルフをやることなく退社となり、今日に至っています。

広大なゴルフ場でプレーすると自分は金持ち、あるいはエリートと感じるのでしょうか。
退社後も昔仲間とゴルフを楽しむ人が多いと思います。
しかし退社後の時間つぶしにゴルフはあまり適していないようです。
ゴルフをやりながらほかの時間つぶしを探すようになるようです。

私の町の元町内会長はゴルフが好きでよく夫婦でゴルフに行きました。
通常ゴルフをやる人は車で行きますが、この元町内会長夫婦は大きなゴルフバッグをかついで私の家の前の道路を歩いてバス停に行きました。
ゴルフバッグが動いているような感じでご苦労なことだと思いました。

最近は町の中でゴルフ道具一式をごみとして出す人を見かけるようになりました。
立派なゴルフ道具を見ると随分この人は投資したものだと思います。

宮里藍さんが今季限り31歳でプロゴルフを引退するそうです。
今季はメジャー大会に出ると言うので実は引退決心はできていないようです。
これまでメジャー大会で優勝していないので限界を感じているということでしょう。
今季メジャー大会で優勝するとまたやる気が出るでしょう。

ゴルフ衰退と言っても、プロゴルフはまだまだ新聞テレビが取り上げてくれます。
スポンサーもつきます。
大会となればギャラリーも大勢います。
芝生や木々の美しい広大なゴルフ場は人々の金持ち心、エリート心をくすぐるのでしょう。

昔、イギリスで資本家、経営者などが、密室で、あるいはただ散歩しながら密談するより、広大な場所でボールを打ちながら歩き密談したことがゴルフの始まりと聞いたことがあります。
大金持ちのスポーツがエリート志向のスポーツとなり、接待ゴルフとなり、やがて普通のスポーツとなり、スポーツ人口が増え、プロが登場しましたが、やはりあの広大なゴルフ場の維持はお金がかかります。
接待ゴルフや普通のスポーツとしては下火です。
お金持ちのスポーツとして残ることになるのでしょう。

|

« サボテンの花がまた咲いた | トップページ | 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65347630

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ:

« サボテンの花がまた咲いた | トップページ | 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける »