« 現代日本は戦前の日本とよく似ている | トップページ | NHKのネット同時配信における受信料制度 »

2017.06.27

対立し、軍事大国になることは損

S170627

朝鮮(北)からミサイルが飛んできて着弾するかもしれないと安倍晋三内閣が言いますが、私の町ではミサイルが着弾すると思っている人はいません。
誰も朝鮮と戦争をしていると思っていないからです。

アメリカが朝鮮を攻撃すれば朝鮮は日本にミサイルを打ちこむと思いますが、アメリカは朝鮮を攻撃しないでしょう。
東アジアの国はすべてアメリカの戦争に反対しています。
アメリカに同調して制裁と叫んでいる安倍内閣すら実は戦争に反対していると思います。
したがって朝鮮は日本を攻撃しません。

現に政府は攻撃される危機感を持っていません。
東京オリンピックを開催すると騒いでいます。

政府は朝鮮について正しい情報を人々に流していません。
安倍総理は朝鮮の核兵器・ミサイル開発を利用して日本を軍事大国に変えることを画策しています。
しかし日本の場合は軍事大国になると軍事だけ大国になる恐れがある国です。
キャパシティが小さいからです。

戦後の技術開発と生産を重視した政治は今後も正しいと思います。
東アジアの国々もこの分野では日本に一目を置いたことを忘れてはいけません。
軍事大国になると一目置かれるどころか嫌われるでしょう。
技術開発と生産で遅れをとれば馬鹿にされるでしょう。

原発事故をおこしたことで日本の技術の信用は大幅に低下したと思います。
日本は技術大国と思い上がってはいけません。

|

« 現代日本は戦前の日本とよく似ている | トップページ | NHKのネット同時配信における受信料制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65464257

この記事へのトラックバック一覧です: 対立し、軍事大国になることは損:

« 現代日本は戦前の日本とよく似ている | トップページ | NHKのネット同時配信における受信料制度 »