« 森友学園問題や加計学園問題に対する安倍晋三総理の言動は見苦しい | トップページ | 人々は安倍晋三総理から催眠術を受けている状態 »

2017.06.15

法律がよくても権力者が威張るならば法律は作動しない

安倍晋三総理は憲法があるから日本では不当な人権侵害はおこらないと言いますが、憲法を捻じ曲げて解釈したり、アメリカに押し付けられ憲法と批判したりして憲法を軽視している安倍総理がどうして人権侵害しないと言えるでしょうか。
いかに憲法が素晴らしくても総理が威張って憲法を軽視するなら、法治ではなく、人治となって人権侵害がおこります。

安倍総理は、人々のことではなく、自分のことを考えて総理職を利用しています。
安倍内閣の閣僚には自由独立の精神を持った真の政治家はいません。
つまり安倍総理はゴマスリを閣僚に選んでいます。

自公には安倍内閣に総辞職をせまる気迫ある政治家がいません。

人々が民主主義に目覚めてちゃんと選挙権を行使し、自公を捨てないと人治が法治になることはないと思います。

|

« 森友学園問題や加計学園問題に対する安倍晋三総理の言動は見苦しい | トップページ | 人々は安倍晋三総理から催眠術を受けている状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65415562

この記事へのトラックバック一覧です: 法律がよくても権力者が威張るならば法律は作動しない:

« 森友学園問題や加計学園問題に対する安倍晋三総理の言動は見苦しい | トップページ | 人々は安倍晋三総理から催眠術を受けている状態 »