« 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける | トップページ | アメリカの戦争は正義ではない »

2017.06.03

国連や外国から来る安倍内閣批判は重く受け止めるべき

S170603

続けざまに国連人権理事会の特別報告者2名から共謀罪と報道機関管理に関し、安倍晋三内閣の独裁的傾向を戒める勧告書が発表されたことは重く受けとめるべきと思います。
自公が国会で支配的ということがあって安倍内閣は強気で言いたい放題やりたい放題ですが、思い上がって、内閣あるいは政府が正しい、内閣あるいは政府批判者は間違っているという態度が目立っています。
国家公務員に対しては内閣の権力、外に対しては政府の権力を使って操る傾向が出ており、弱い立場の人は内閣の考え、政府の考えに従わざるをえない状態になっていると思います。

最近は安倍内閣は、安倍総理の都合か、安倍内閣の都合で動いており、人々のことを考えて動いていません。

大半の人が原発反対と言っているのに安倍内閣はまったく人々に配慮せず、人々が間違っていると言って原発を再稼動しています。
放射能汚染拡大の恐れ、放射性廃棄物の処理処分をどうするつもりでしょうか。

アメリカ軍普天間飛行場の辺野古移設は沖縄県が長年反対しているのに沖縄県の希望を聞こうとしません。
沖縄県を悪者扱いにして強引に移設を実行しています。
必死に移設に反対する人を長期拘留して反対運動潰しをやっています。
沖縄県の一部の人ではなく、沖縄県が反対していることを国は無視していいでしょうか。
辺野古移設以外の方法を考えてこそ沖縄県の人々のための内閣だと思います。

朝鮮(北)と日本が戦争する必要性はまったくないのにどうして連絡もなしに日本の排他的経済水域に朝鮮のミサイルが着弾するのでしょうか。
どういう外交を安倍内閣はやっているのでしょうか。
在日アメリカ軍基地があるからと言うなら、アメリカとの外交も重要になるが、どのような外交をやっているのでしょうか。
アメリカとの同盟とか、集団的自衛権の行使とかで日本がやるずもない戦争をやることになるのではないでしょうか。

東アジアの平和はアメリカに考えてもらうのではなく日本が考えるべきことです。

小学校建設とか大学建設は安倍総理の個人的意向で行われるものではありません。
関係者がまじめにその必要性を検討して許認可されるべきです。
国有地が安倍総理の権力を忖度して「ただ同様」、または「ただ」で学校法人に譲渡されるなどあってはならないことです。
安倍総理の職権乱用が問題になると、証拠提供者を悪者あるいは悪者扱いにして証拠提供者潰しを行います。

国連や外国から来る安倍内閣批判は重く受け止めるべきです。
目に余るから来るのだと思います。


|

« 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける | トップページ | アメリカの戦争は正義ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65363598

この記事へのトラックバック一覧です: 国連や外国から来る安倍内閣批判は重く受け止めるべき:

« 政府は巨大事業に取り組む組織力を持っているが失敗すると国を傾ける | トップページ | アメリカの戦争は正義ではない »