« 2017年6月 | トップページ

2017.07.22

黒田東彦日銀総裁の言うことは理解できない

円を管理している黒田日銀総裁が、年2%のインフレを目標にして大幅な金融緩和を行っていることが私には理解できません。
2%インフレとは円の価値が2%下がることを意味します。
私は老人で収入は減る方向です。
このことに加え、円の価値が下がると私は貧乏になります。
一段と節約しなければなりません。

私のような経済状態の人が大半ではないでしょうか。
安倍晋三内閣のアベノミクスに反対し、人々は節約を続けることによって物価の上昇を防ぎましたが、この人々の行動は必然性があったと思います。
国債を発行し、借金を増やし続けた安倍内閣、その国債を買って不良資産を増やし続けた日銀は、どちらも本当の問題を見抜けなかったと思います。
日本がかかえる問題は大幅な金融緩和で解決できるような問題ではありませんでした。

1990年頃の不動産バブル破裂後の政府の行動は異常でした。
借金してそのお金で寿命が来て消えてもいい大手銀行などの延命をはかりました。
急速に政府の借金が増え続けました。
借金政治が当たり前になってしまいました。
収支の釣り合いをとるという政府運営の基本を忘れ、借金してでも古い社会を維持することが政治と思い込んでしまいました。
政府・政治を合理化近代化することはしませんでした。
社会を変えることもしませんでした。

安倍内閣のアベノミクスは決して斬新な政策ではありませんでした。
1990年から政府がやってきた安易な金融緩和政策を規模を大きくしてやっただけです。

金融緩和政策は本来消える運命の政府機関・会社などに対し延命効果があります。
バブル破裂後、数十年かけて政府機関・会社などの新陳代謝を行い、新鮮な政府機関・会社などにするべきでしたが、古臭い政府機関・会社などが残ってしまいました。

アベノミクスは最後の延命策になると思います。
政府には金融緩和政策を続ける限界が来たと思います。
現在の政府の借金残高は1100兆円規模です。
それが1京円になるなどという予測がありますが、それは紙の上での予測であって、実際にはおこりえません。

政府も日銀も破綻する恐れが大きいと思います。
人々がとるべき対策は、人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を事業・仕事とし、政府破綻後、新政府ができるまでの間、生きつなぐことだと思います。
過去、政府が破綻したことは何度もありました。
人々はしたたかに生きつないできました。
このようなことが近未来おこってもうろたえてはいけません。

(注)これまで安倍内閣を評価してきた経団連が、急に経済最優先の政治をやってくれと言い出したのは変です。アベノミクスは経済最優先の政治だと思ったから経団連は安倍内閣を評価していたのではないでしょうか。今頃アベノミクスの問題点に気付くとは経団連も調査研究力が落ちたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.19

学生時代の夢であった紀伊半島一周を実行

S1719

学生時代のしめくくりに紀伊半島を一周したいと思いましたが、学生仲間が伊豆半島一周を希望したので伊豆半島に行きました。
その後、どんどん紀伊半島一周が後回しになり、77歳でやっと紀伊半島を一周しました。

伊豆半島の南端石廊崎が非常に高い絶壁になっているのに反し、紀伊半島の南端潮岬は穏やかな地形でした。
紀伊半島にある火山は何かと聞かれたら思いつく火山がありませんが、本宮、勝浦、椿、白浜などが温泉地であることが不思議でした。
南紀は大昔火山活動が激しかった時代があったようで、マグマが地表に近いところにあるのでしょう。

今回は特に新宮、本宮、那智を回って熊野信仰を感じてきました。
本来は素朴な自然信仰だったと思います。
私は新宮、本宮は山より川を感じました。
那智は山と滝を感じました。
長い間に信者が広域に広がり、いろいろな信仰物語がつくられたと思います。
参詣の道も発達し、古道として残っています。
現在ある関連土木建築物を見ると、新しい建造物も含め、信仰の力はすごいと思います。

余談ですが、勝浦で船で行く島のホテルに泊まりました。
島全体を敷地にしているようで、山の上を散歩しました。
自然が残る美しい島でした。
一緒に旅をした人と、この島の所有者の先祖は海賊で、この島を根拠地にし、財宝をこの島に隠しておいたのではないか、その財宝を資本にしてホテルを経営しているのではないかと冗談を言いながら散歩しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.15

経済界の言うことは理解できない

経済界は財政危機と言い、消費税率を上げることを恐れてはいけないと言います。
しかし日本は人口減少、老人割合増加です。
消費税率が上がったら生活が苦しくなります。
金持ちだって消費税率が上がったら節約します。
日本経済は縮小です。
したがって財政は改善しません。

消費税率引上げは経済界のためにもなりません。
消費が弱くなります。
経済界も苦しくなります。

消費税率引上げは全然問題解決になっていません。

政府を合理化近代化すること。
富裕層にもっと納税に協力してもらうこと。
労働対価を見直し、中間層を増やすこと。
この3点が重要と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.13

自殺も人を殺すことも法による死刑も殺人であり罪

放置すれば殺人を繰り返す人を放置することはできまませんが、殺人を繰り返した人は凶悪だから死刑に処するという考えは古いと思います。
殺人者が殺人者のままという状態は放置できませんが、殺人者が普通の人になることは望ましいことです。
死刑に処する考えより、殺人者を普通の人にする考えの方が現代的であり、健全です。

仕事とはいえ、死刑執行人は明るい気持ちにはなれないでしょう。
人は誰でも生きる、生かすと考えると明るい気持ちになれます。
死刑制度は廃止すべきです。

ところで戦争も殺人であり、罪です。
世界には戦争することは国の主権と考える人々がいます。
不健全な危険思考です。
怒り、対立し、戦争し、自分だけでなく、多くの人々を不幸にします。

たとえばよく戦争するアメリカは無法国です。
無法だからよく戦争します。
国連、あるいは世界はアメリカを警察担当国とは認めていません。
アメリカは気にくわないとすぐ軍事力に訴える無法国です。

アメリカ、中国、ロシアは世界の三大無法国です。
世界の迷惑です。
これらの国は強大な軍事力を持っている限り威張り続けるでしょう。
大半の国民の思考が健全となり、戦争を国の主権と思わなくなり、国が戦争放棄しない限り、世界の迷惑であり続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

日本の人々は人がいい、つまり騙されやすい

安倍晋三内閣は腐敗していると思いますが、それでも約30%の人が支持しているとか、支持しない人は50%以下であるとか聞くと、日本の人々の判断力はどうなっているのかと驚きます。
日本の人々はたいへん人がよくて、安倍総理を信じているのではないでしょうか。
安倍内閣が腐敗しているとは信じたくないのではないでしょうか。
つまり騙されやすい民族性を持っているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

既存政党はすべて時代遅れ

自民党、民進党、公明党、共産党、その他の政党はすべて時代遅れと思います。
これからの政治のあり方をよく考える人がいて、その周りに人材が集まり政党ができるという形にならないと未来型の政党は誕生しません。
現在は政治家不在です。

(注)今はしぼみましたが、昔大阪に橋下徹氏が登場し、大阪維新の会ができたこと、最近、小池百合子氏が登場し、都民ファーストの会ができたことは注目すべき新政党誕生の動きです。

政治家不在で混乱を避けることができるかわかりませんが、現時点では人々が比較的落ち着いており、慣習が作動して混乱を避けることができています。
しかし問題は今作動している慣習が未来にも有効かということです。

有効ではないと思います。
生活・生産環境を改善したいという意欲が弱く、たとえば原発は危険だが、つくってしまったから使い続けたいと考えるなど政府も人々も優柔不断です。
東アジアを平和にしたいという意欲が弱く、対立を利用して、防衛力という名の軍事力を上げるなど政府も人々も好戦的です。
政府の借金残高が歳入の20倍になっているのに政府も人々ものほほんとしています。
政府を合理化、近代化しません。
人口減少、老人割合増加の傾向がはっきりしているのに政府も人々も労働生産性を上げる工夫努力をしません。
省力、省エネルギーなどが重要ですが、労働者を使いすぎる、あるいはエネルギーを使いすぎることになる企画を実行しています。
収益性を重視するあまり海外生産を重視するので次第に技術開発力が低下しています(本来技術開発と生産は一体)。
苦労を覚悟して先行投資する気力が弱くなっています。
政治が劣化し、家庭の崩壊が進み、子供達が学問する目標を失い、問題解決どころか問題を大きくする人が増えています。

現在の政治家は、自分のことを考えるが、政治的問題に取り組みません。
苦労を嫌い、自分がよければいいと考えます。
国会議員に当選したことに満足し、政治家らしい仕事をしません。

しかし、政治の劣化がひどく、社会の混乱が放置できなくなると、政治家らしい政治家が育つものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.03

安倍晋三内閣総辞職を求める

都議会選挙の結果を見ると安倍内閣の信用は失墜したと思います。
安倍総理が自民党候補者を応援したとき、人々の中に安倍総理を批判・非難した人が多くいました。
このような光景はあまり見たことがありません。

問題は彼の閣僚達にあるだけではありません。
最大の問題は安倍総理にあります。
安倍総理は無知無能無法と批判非難されています。
彼自身は、知識がある、能力がある、自分が正しいと思い上がっています。

どうして自公は総理は安倍氏がいいと言うのでしょうか。
彼は自公のためになっていないと思います。
これまで安倍内閣の支持率が高かったので彼を畏れていたのでしょう。
今後は畏れは消えるでしょう。

彼が総理の間に憲法を変えることは絶対あってはなりません。
人々のためになる憲法にならないと思います。

内閣改造ではなく、安倍内閣は総辞職すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

選挙運動で自公が言うことは信用できない

自公の本質は経済界の有力者とのなれあい政治です。
仕事が楽だし、自分の利権拡充も容易です。

都民のことを考えて政治を行うことは政治家個人の損得を抜きにしないとできないことです。
理想を重視する真の政治家魂が必要です。

自公にはそのような精神はありません。
豊洲新市場建設は土建会社などとのなれあいだったでしょう。
土壌汚染問題について真剣に安全を追求した気配がありません。
豊洲新市場の土壌汚染が未解決であること、危険化学物質が地表に出てくることは自公にはわかっていたと思います。
しょうがない、何とかなる、築地だって汚いなどと言って黙認していたと思います。
都市への人口の過剰集中は危険です。
しかし不動産会社や土建会社の希望を優先し、土建政治を続けてきました。
複雑巨大な都市は大地震が来たらパニックでしょう。
東京オリンピック開催は、事故原発の安全が確保できていない状態では遠慮した方がよかったと思います。
東京が大地震に弱いことも問題です。
自公は浮ついていたと思います。

都議会を都民のことを考える政治家集団にすることが大事と思います。
都議会におけるよからぬ自公の実績を選挙で不問にしてはいけません。
明日の選挙では、自公を捨て、ほかの政党の政治家に投票するといいと思います。
経済界とのなれあい政治はやめるべきです。

公明党は今回の選挙で都民ファと連携していますが、勝ちそうなところと組むという姿勢で節操がないと思います。
小党であるが、与党でありたいと考えています。
利権を重視していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ