« 経済界の言うことは理解できない | トップページ | 黒田東彦日銀総裁の言うことは理解できない »

2017.07.19

学生時代の夢であった紀伊半島一周を実行

S1719

学生時代のしめくくりに紀伊半島を一周したいと思いましたが、学生仲間が伊豆半島一周を希望したので伊豆半島に行きました。
その後、どんどん紀伊半島一周が後回しになり、77歳でやっと紀伊半島を一周しました。

伊豆半島の南端石廊崎が非常に高い絶壁になっているのに反し、紀伊半島の南端潮岬は穏やかな地形でした。
紀伊半島にある火山は何かと聞かれたら思いつく火山がありませんが、本宮、勝浦、椿、白浜などが温泉地であることが不思議でした。
南紀は大昔火山活動が激しかった時代があったようで、マグマが地表に近いところにあるのでしょう。

今回は特に新宮、本宮、那智を回って熊野信仰を感じてきました。
本来は素朴な自然信仰だったと思います。
私は新宮、本宮は山より川を感じました。
那智は山と滝を感じました。
長い間に信者が広域に広がり、いろいろな信仰物語がつくられたと思います。
参詣の道も発達し、古道として残っています。
現在ある関連土木建築物を見ると、新しい建造物も含め、信仰の力はすごいと思います。

余談ですが、勝浦で船で行く島のホテルに泊まりました。
島全体を敷地にしているようで、山の上を散歩しました。
自然が残る美しい島でした。
一緒に旅をした人と、この島の所有者の先祖は海賊で、この島を根拠地にし、財宝をこの島に隠しておいたのではないか、その財宝を資本にしてホテルを経営しているのではないかと冗談を言いながら散歩しました。

|

« 経済界の言うことは理解できない | トップページ | 黒田東彦日銀総裁の言うことは理解できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65554453

この記事へのトラックバック一覧です: 学生時代の夢であった紀伊半島一周を実行:

« 経済界の言うことは理解できない | トップページ | 黒田東彦日銀総裁の言うことは理解できない »