« 貧困層の人々は自分のためになる政治家に投票していない | トップページ | 安倍晋三内閣総辞職を求める »

2017.07.01

選挙運動で自公が言うことは信用できない

自公の本質は経済界の有力者とのなれあい政治です。
仕事が楽だし、自分の利権拡充も容易です。

都民のことを考えて政治を行うことは政治家個人の損得を抜きにしないとできないことです。
理想を重視する真の政治家魂が必要です。

自公にはそのような精神はありません。
豊洲新市場建設は土建会社などとのなれあいだったでしょう。
土壌汚染問題について真剣に安全を追求した気配がありません。
豊洲新市場の土壌汚染が未解決であること、危険化学物質が地表に出てくることは自公にはわかっていたと思います。
しょうがない、何とかなる、築地だって汚いなどと言って黙認していたと思います。
都市への人口の過剰集中は危険です。
しかし不動産会社や土建会社の希望を優先し、土建政治を続けてきました。
複雑巨大な都市は大地震が来たらパニックでしょう。
東京オリンピック開催は、事故原発の安全が確保できていない状態では遠慮した方がよかったと思います。
東京が大地震に弱いことも問題です。
自公は浮ついていたと思います。

都議会を都民のことを考える政治家集団にすることが大事と思います。
都議会におけるよからぬ自公の実績を選挙で不問にしてはいけません。
明日の選挙では、自公を捨て、ほかの政党の政治家に投票するといいと思います。
経済界とのなれあい政治はやめるべきです。

公明党は今回の選挙で都民ファと連携していますが、勝ちそうなところと組むという姿勢で節操がないと思います。
小党であるが、与党でありたいと考えています。
利権を重視していると思います。

|

« 貧困層の人々は自分のためになる政治家に投票していない | トップページ | 安倍晋三内閣総辞職を求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65479524

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙運動で自公が言うことは信用できない:

« 貧困層の人々は自分のためになる政治家に投票していない | トップページ | 安倍晋三内閣総辞職を求める »