« 日本は朝鮮(北)に対し武力による威嚇を行っている | トップページ | 不法や無能の人が威張る社会は暗い »

2017.09.04

日本は朝鮮(北)問題を大きくする方に加担している

安倍晋三内閣の朝鮮問題取組みの方針は、問題を小さくするのではなく、大きくしていると思います。
キムジョンウン体制を潰すと積極的に考えるからです。
キムジョンウン体制は安倍内閣という敵を得て、対抗に燃えています。
軍事力を上げることに全力投入しています。
キムジョンウン体制が強いとなると朝鮮の人々もキムジョンウン体制をいいと思い、朝鮮は強いと思うものです。
貧困に耐えてキムジョンウン体制を支えます。

アメリカとの関係があって日本は自由に動けなかったのでしょう。
それにしても自主性がなさすぎたと思います。
アメリカと朝鮮の戦争に巻き込まれ、日本が攻撃される恐れが高まっていると思います。
安倍内閣は苦慮していると思いますが、アメリカとは別の道を行く勇気はないでしょう。

アメリカより国連を立てる内閣に代えると、東アジアに新風を吹き込めるかもしれません。
いずれにせよ、安倍内閣では朝鮮問題は大きくなる一方で、結果は戦争の恐れが大きいと思います。

|

« 日本は朝鮮(北)に対し武力による威嚇を行っている | トップページ | 不法や無能の人が威張る社会は暗い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65749092

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は朝鮮(北)問題を大きくする方に加担している:

« 日本は朝鮮(北)に対し武力による威嚇を行っている | トップページ | 不法や無能の人が威張る社会は暗い »