« 孫の期末試験の準備を手伝ったが疲れた | トップページ | 年金制度はわからないことばかり »

2017.09.11

町でゲートボールを楽しんでいる

私は健康のためと思って近くの公園で行われていた運動系の中でゲートボール(GB)を選び、73歳から始めました。
公園ではほかにグラウンドゴルフと太極拳をやっていましたが、GBはチームプレーで試合が面白いのではないかと思いました。

町の老人会にGB部があって、GB部は公園で週2回、1回練習試合4試合をやっていました。
そのほか、ふた月に1回ぐらいの割合で横浜市の区GB連合などが主催するGB大会があり、GB部は区の大会にも参加していました。

私はGBは初めてで下手でしたが、区GB連合の大会に参加するGB部員が少なかったので最初の年から区の大会に出場させられ、緊張してミスばかりやっていました。
下手だと大会では責任を感じ、試合が楽しくありませんでした。

そこで2年目、74歳のとき、区GB連合のGB教室に入りました。
初級、中級下、中級上、上級の4クラスがありましたが、当然のことながら最初の年は初級でした。
順調に昇級し、77歳の現在は上級クラスに所属することができました。
しかし上級クラスは、市大会など上の大会を目指して練習が行われているので、打撃、作戦でミスすると、厳しく批判され、楽しくありません。

その点、町の公園での老人会のGB部の練習試合は気が楽です。
他人のミスを厳しく批判する人はいません。
主将をやることが多くなりましたが、チームの誰かにミスがあった場合、常にミス後の現在の状態をスタートと考え、そこから次の作戦を考えることにしています。

10人集まらず、5人対5人の練習試合ができない場合ですが、極端な話し、ふたりしか集まらなかった場合でも、これでは練習試合にならないとは決して思いません。
ひとりが赤5球を全部もち、ひとりが白5球を全部もち、練習試合を行います。
さすがに1回4試合はきついので3試合でやめます。

もっと極端な話し、私ひとりしか来なかった場合、平然と一人で赤5球、白5球をもってひとりで練習試合をやります。
作戦、打撃をよく考えながらひとり10役をやればいい訳です。

GBのよさは、ひとりでも練習試合ができることです。
野球、サッカーなど、ほかのチームプレーのスポーツはひとりでは練習試合はできないでしょう。

残念なことに日本におけるGB人口は減少傾向にあるようです。
GBチームが減っているようです。
しかし、たとえばメンバーが4人になってしまったとがっかりし、チームを解散するならば、その町からチームが消えます。
GB人口の減少が加速します。

GBはやってみるとわかりますが、頭と、体にいい、老人でも楽しめる町に適したスポーツです。
町から消してしまうのはおしいスポーツです。
町にひとりでもGBのよさを理解している人がいるならGB部を維持することが望ましいと思います。
日本でGBが復活する時が来るかもしれないからです。

(注)GBは日本が開発したスポーツです。今では世界に普及しつつあり、世界選手権が開かれています。折角日本が開発したのに日本のGBが衰退とは困ったことです。

|

« 孫の期末試験の準備を手伝ったが疲れた | トップページ | 年金制度はわからないことばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65779260

この記事へのトラックバック一覧です: 町でゲートボールを楽しんでいる:

« 孫の期末試験の準備を手伝ったが疲れた | トップページ | 年金制度はわからないことばかり »