« 安倍晋三内閣、自公で経済は発展するか | トップページ | 日本の生産会社は経営が劣化 »

2017.10.19

世界の三大宗教者

仏教の祖となったガウタマシッダールタ、キリスト教の祖となったイエス、イスラム教の祖となったムハンマドはまさに世界の三大宗教者と思います。
特にガウタマシッダールタとイエスは、殺さない、戦争しない生き方に徹しており、殺人や戦争の非人間性を悟っていました。
その点、ムハンマドはまだ甘かったと思います。

ガウタマシッダールタやイエスの生き方は権力者はまったく理解できません。
権力者は仏教やキリスト教を自分の力を上げることに利用したり、人々を権力者に従順にすることに利用します。
アメリカ大統領が大統領就任のとき聖書に手をおいて宣誓しますが、キリスト教を馬鹿にした行動です。

今後も権力者は殺さない、戦争しない生き方を理解できません。
しかし大半の人々は平和主義者です。
権力者、あるいは権力者が支配的な国の命令で戦争に駆り出されることはあっても自主的に戦争する人は少数です。

今後の政治はこの大半の平和主義者が主導することが理想です。
民主主義は衆愚政治との批判がありますが、現在でも理想に近い主義です。
大半の人が平和主義者だからです。

問題は民主主義的に選ばれた政治家が平和主義者とは限らないことです。
権力志向の政治家が言葉巧みに人々を騙して政治の重要な地位につくことがよくあります。
また、人々の平和主義の信念が弱く、権力者に騙されたり、権力者の恐怖政治に負けることです。

これらの問題が解決すれば民主主義が正常に作動します。
そのためには人々が、殺さない、戦争しない生き方に徹することです。

殺してはならない、戦争してはならないと思うと、この思考法ではなかなかこの法を守ることができません。
生きる、生かす、平和をつくると思うと、殺さない、戦争しないとなり、無理なく、殺してはならない、戦争してはならないという法を守ることができます。

殺人や戦争と無関係なことで心をいっぱいにすることがポイントです。

|

« 安倍晋三内閣、自公で経済は発展するか | トップページ | 日本の生産会社は経営が劣化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68819/65935492

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の三大宗教者:

« 安倍晋三内閣、自公で経済は発展するか | トップページ | 日本の生産会社は経営が劣化 »