« 脱皮した抜け殻に戻りたがる日本 | トップページ | 2018年は日本は波乱の年か »

2018.01.01

平和主義者は草木の根のようであれ

大規模な山火事にあって地上の枝葉が焼けてしまっても大地の下の根は生き残ってまた芽を出し繁茂します。
平和主義者はこの草木の根のようにしぶとく生きていきます。
戦争主義者が、軍・警察を使って平和主義者を押さえ、太平洋戦争のように日本を廃墟にしても、草木の根はちゃんと芽を出し繁茂します。

しかし、戦争はない方がはるかにいいことです。
幸い、日本は民主主義です。
安倍晋三内閣、あるいは政治担当政党である自民党・公明党を厳しく見張り、日本をして戦争への道を歩ませないことが大事です。
多数派の平和主義者である人々が、平和ボケと非難する戦争主義者の、もっともらしい隣国脅威論にのせられることなく、隣国との平和外交に注力するなら戦争を回避することができます。

山火事をおこすことは簡単ですが、消すことは容易ではありません。
一度焼け野原になったら緑豊かな大地に戻るには長い年月がかかります。
山火事は絶望ではないが、大損です。

(注)大規模放射能汚染は致命的と思います。核兵器で攻撃されることも危険ですが、通常兵器で日本にある原子力施設を破壊されることも危険です。日本は決して戦争してはいけない国です。原子力利用や戦争の危険性を人々は真剣に考えるべきと思います。憲法第9条の重みをよく考えることが大事です。

|

« 脱皮した抜け殻に戻りたがる日本 | トップページ | 2018年は日本は波乱の年か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和主義者は草木の根のようであれ:

« 脱皮した抜け殻に戻りたがる日本 | トップページ | 2018年は日本は波乱の年か »