« 日銀が物価上昇率2%を目標と言うのは異常 | トップページ | いつでも散策を楽しめる大公園の建設維持は人々に有意義 »

2018.02.23

アメリカはいまだに西部劇の世界

S180223

アメリカは治安が悪くて、護身用に銃を持っている人が非常に多いそうです。
学校に来て銃を乱射する人も後を絶たず、先生が銃を持って生徒あるいは学生を守る案すらあるそうです。

銃で攻撃されるなら銃で防衛するというのはアメリカらしい発想です。
しかしこれは西部劇の世界です。
社会が進歩していません。

アメリカはキリスト教国と言われていますが、キリスト教は人々の心に根付いてないようです。
不信、人命軽視、殺人思考などが強いようです。

自由を重んじるのはいいのですが、他人のことを考えない、自分のことしか考えないなど悪い意味での自由主義がアメリカは強いようです。
言いたいことを言い、やりたいことをやるため、他人の怒りを買うことが多いようです。
怒りが限界をこえると殺人思考になります。

アメリカの養教育で欠けていることは他人に対する配慮ではないでしょうか。
自己主張する自由を重視しすぎと思います。

|

« 日銀が物価上昇率2%を目標と言うのは異常 | トップページ | いつでも散策を楽しめる大公園の建設維持は人々に有意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカはいまだに西部劇の世界:

« 日銀が物価上昇率2%を目標と言うのは異常 | トップページ | いつでも散策を楽しめる大公園の建設維持は人々に有意義 »