« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018.03.31

叩くと鳴る太鼓はいい

S180331
江戸城の道灌濠

江戸城の坂下門から皇居に入り、乾(いぬい)門に向かって歩くと左手に道灌濠があります。

道灌とは太田道灌のことですが、若いとき、鷹狩りに行って雨にあい、近くにあった家で蓑を借りようとしたが、出てきた娘が七重八重の山吹の花をくれたそうです。
道灌は、蓑を貸してほしかったのに七重八重の山吹の花とは役に立たない娘と怒って帰ったそうです。
後でそのことを聞いた家来が、娘は後拾遺集にある「七重八重、花は咲けども、山吹の、実の一つだになきぞ悲しき」という歌を知っていて、「実の」とは「蓑」を表していたのだと思うと言いました。
それを聞いて道灌は自分の無知を痛く恥じ、和歌の勉強を始めたそうです。

もし道灌が、後拾遺集の歌を知らなかったため少女の頓智に気付かなかったことを恥じず、和歌の勉強もしなかったら、彼は叩いても鳴らない太鼓でした。
家来に言われて、家来を生意気と思わず、自分を恥じ、和歌の勉強をしたという道灌は叩くと鳴る太鼓でした。

道灌は文武両道の有能な人になったと言われています。
このお話しは伝説ですが、本当に有能な人だったから生まれた伝説だと思います。

ところで安倍晋三総理は叩いても鳴らない太鼓です。
行政が崩壊状態であるのに、人々から批判されても自分の無責任を恥じません。
打ち続く大規模自然災害や原発事故災害で広域の生活・生産環境が失われる悲劇にあっても環境保全の重要性を理解しません。
まさに皮が伸び切ったしまりのない、叩いても鳴らない太鼓です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.30

お花見は平和

S180330
宮内庁前の広場

3月28日(水)、青空が広がる気持ちがいい日和だったので江戸城の坂下門から乾(いぬい)門まで歩いてみました。
この道路は皇居の中にあり、桜の季節のみ人々に公開していますので、大勢の人が来ていました。
直線的な道路で右側は蓮池濠、その向こうが本丸を守る石垣の城壁になっています。
左手は雑木林になっています。
その奥に御所などがあります。
御所などは雑木林にさえぎられていて見えません。

道路は桜の並木道ではありませんが、所々桜が植わり、歩きながら見る景色は美しいと思いました。

乾門を出て、北の丸公園に入り、千鳥ヶ淵沿いの道を歩いて、千鳥ヶ淵の桜を楽しんだ後、公園の芝生の上、桜の木の下で昼食をとり、次に本丸、二の丸(皇居東御苑)を通って、家に帰りました。
千鳥ヶ淵の桜は、さすが桜の名所、いつ来ても素晴らしいと思います。

お花見は本当に平和で、見知らぬ人とも雑談の花が咲き、楽しい伝統行事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.28

安倍晋三内閣・自民党・公明党は日本を破壊する

S180328

日本を破壊するとは民主主義を破壊し、自分の権力欲に従って愚劣な政治を行うという意味です。
人々のために政治を行わないという意味です。

安倍内閣・自民党・公明党に反省を期待しても無理です。
すでに腐敗しているからです。
新鮮になることはありません。

しかし人々が依然として自民党・公明党を支持するということは人々が腐敗菌になっているからではないでしょうか。
人々は腐敗環境が好きなのでしょうか。

人々が民主主義反対では民主主義を維持することはできません。
安倍内閣・自民党・公明党は腐敗環境で元気よく動き回るあれです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

安倍晋三内閣・自民党を信用しない

Sp3250047

少なくとも妻を通して安倍総理が森友学園を支援してきたことは明白です。
森友学園への国有地売却に関する決済文書を財務省が安倍総理のために書き換えたことは事実です。
そのことを行政の長である安倍総理や財務省のトップである麻生太郎財務相が知っていなかったはずはありません。
もし知っていなかったなら行政の長として、あるいは財務省のトップとして失格です。
知っていたから彼らは財務省の隠蔽やウソを支援してきました。
実は安倍総理が財務省の隠蔽やウソを指示したかもしれません。
自民党も安倍総理のために財務省の隠蔽やウソを支援してきました。

人々を愚弄する安倍内閣・自民党を信用しません。
安倍内閣総辞職を強く求めます。
次の総選挙では自民党の大敗を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.21

個人番号(いわゆるマイナンバー)は効果的に使われているか

政府が使っている「個人番号」は12桁の数字です。
政府は個人の名前・住所と個人番号の対応を電子ファイルの形で持っています。
したがって名前・住所が電子ファイルの形で記録されている、政府・地方自治体・その他公的機関が管理する各種個人データは、コンピュータで、名前・住所を照合し、各種個人データに個人番号を付与していると思います。
住所はときどき変わるので、個人番号電子ファイルには住所の変更も時系列で記録するようになっていると思います。

先日税の確定申告をやったとき申告書に12桁の個人番号を手で書きました。
12桁もありますから間違っていないか結構神経を使いました。
税務署はこの個人番号を見て、申告者が誰か確認し、所得の申告漏れがないか調べているのでしょう。
改めて個人番号を入力するような作業はやっていないと思います。

しかし個人番号で政府・地方自治体・その他公的機関が管理する各種個人データはちゃんと串刺しになっているのでしょうか。
各種個人データの名前・住所の入力がいい加減で、個人番号電子ファイルとの照合がコンピュータでできない人が大勢いるのではないでしょうか。
個人番号電子ファイルの名前・住所の入力がいい加減ということもあると思います。

どんなに素晴らしいシステムでも修正・維持をしっかりやらないと狂いが大きくなり、大失敗となります。

日本年金機構が入力作業をSAY企画という会社に委託し、その会社が能力がなくて、中国の会社に再委託したことがわかり、大問題になっていますが、そのとき個人番号情報も中国の会社に流れたそうです。

どうして個人番号情報をSAY企画に出す必要があったか不可解です。
年金に関する個人データに個人番号を付与する作業は機構がコンピュータでやればすむことです。
もし機構が個人番号を入力したならミスが多発します。
SAY企画も問題ですが、機構はもっと問題が大きいと思います。
年金に関する個人データは、名前・住所の入力がいい加減で、コンピュータで個人番号電子ファイルとの照合がコンピュータでできず、機構が個人番号を入力し始めたのでしょうか。
機構のいい加減な仕事がまた問題になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.20

安倍晋三内閣の実績は何だったのか

S180320

アベノミクスという言葉が流行したくらいですから、安倍内閣は経済成長を重視したと思います。
ところが日本の経済横這い基調に変化はありませんでした。
黒田東彦日銀の異次元金融緩和で大量に市場に供給されたお金は産業を変える投資に回りませんでした。
幸い需要<供給の状態が続き、異常なインフレはおこりませんでした。
しかし経済成長しなかったため、税収の伸びが不十分で借金政治が続いています。
労働対価が改善せず、貧困層が拡大しています。
社会保障は中途半端な状態が続いています。
悪化する方向です。

人々はアベノミクスに期待したのですが、保守、さらには復古という安倍内閣の基本政策が災いし、明るい未来を描けず、未来に不安を感じ、消費行動を変えず、節約志向を続けました。
放射能汚染や東アジアの戦争の不安も災いしました。
人口減少・老人割合増加傾向があり、既存産業は忙しいだけの産業となっています。
従業員は仕事に疲れています。
労働対価など労働条件がよければいいのですが、事業家は保守的で、産業改善をやらないので、忙しいだけで労働生産性が上がらず、貧困層拡大の原因になったと思います。

日本は1990年を境に経済横這いになりましたが、安倍内閣もこの横這い基調を変えることができませんでした。

保守、さらには復古ではなく、人々が未来に挑戦する雰囲気をつくるべきでした。
「強い日本」と言うのはいいのですが、安倍総理が戦前の軍国主義、国家主義にあこがれたことは失敗でした。
人々が安倍内閣に何となく期待し、依存したこともまずかったと思います。

今後は人々は、生きるのは自分と考えて、政府の指示をあおぐのではなく、自由に自分の未来を考えるべきです。
安倍内閣が自分の自由の邪魔と思ったら大胆に内閣を代える自由を持つべきです。

ところで話題の森友学園・加計学園問題で安倍総理は、自分は知らなかった、関係なかったと言い張っていますが、森友学園と言えば安倍総理、加計学園と言えば安倍総理の名前があがってきます。
一体的につながっていたのに知らない、あるいは関係ない訳がありません。
犯罪者が、知らない、関係ないと言い張って罰を免れようとしているのにそっくりです。
総理としてみにくいと思います。
暗い日本の雰囲気を変えるには安倍内閣を代えることが必要条件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.17

お金を重視し、人命を軽視する政府と会社

S180317

タバコが体に悪いことははっきりしています。
タバコの煙に含まれる物質は体にとって毒です。
すう人だけでなく、すう人の近くにいる人も煙をすうと害を受けます。
ところがタバコは生産消費禁止になっていません。

タバコに関する法規制は厳しくなっていますが、政府、あるいは国会が禁止に踏み切らないのはやはり税収を考えるからです。
タバコ産業に従事している人々の収入を考えるからです。

しかしタバコ事業に執着する政府は不良政府です。
このような政府は何をやっても不良で政府の破綻を防ぐことはできません。
原発に執着して政府破綻が加速するのと同じです。

かつてはタバコ産業は政府の専売でしたが、今では民営化されています。

日本たばこ産業(JT)はタバコ事業に将来性がないと予測して、医薬事業や加工食品事業に注力しています。
いい方向ですが、現状は毒を売る一方で、医薬や加工食品を売っています。
非常に矛盾した経営です。

JTがタバコは危険だと言ってタバコ事業をどんどん縮小するなら良心的ですが、日本市場は希望がないと言って、世界市場をとることでタバコ事業の延命拡大を図っています。
これは東芝が原発で世界市場をとりたいと考えたのと同じです。
人々のためにならない事業を拡大したいと考えるJTは不良です。
大失敗の原因になります。
世界のタバコ会社を吸収してタバコ事業を拡大しても、タバコ事業に将来性がありませんから、吸収した世界のタバコ会社を整理する羽目になり、大損します。

タバコ事業は将来性がないと判断し、縮小するのが正解です。
タバコ事業への執着がJT破綻の原因になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.15

盤石に見えた安倍晋三派が総崩れになりそう

権力志向が非常に強い政治家が自分の周りに自分を支持する各界の有力な人を集め、その人達を優遇して自分の権力を強化すると、当然のことながら政治が不平等になります。
政治が不平等ですから怒りを持つ人々が増え、社会が混乱します。
社会が混乱している国の最高責任者は間違いなく権力志向で、自分のことを考えて政治を行っています。

日本の場合は、安倍総理が非常に権力志向が強い人です。
安倍派が存在していて、安倍総理は不平等な政治を平気で行ってきました。
彼のせいで国会も社会も混乱してきました。
安倍総理は自民党総裁ですが、その自民党が安倍派と反安倍派に分れ始めました。
野党は反安倍で結集しつつあります。

一方で、概しておとなしかった人々ですが、反安倍派が組織化され、反安倍内閣運動がとうとうおこりました。
これまで安倍内閣に我慢してきたが、怒りが爆発したようです。

日本は、安倍派と反安倍派に二分され、反安倍派が次第に勢いを増している感じがします。
盤石に見えましたが、安倍派は総崩れになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.10

生きる力は生きている人すべてに備わっている

S180310

存在しているものにはすべて存在する力が備わっています。
しかし長い短いはありますが、すべてのものに寿命があります。

人もこの自然法則に従って生きています。
個体は死にます。
しかし人も含めて生物の場合、子孫を残す仕組みがあります。
これは非常に高度な存在する力です。

人は、子孫ができても自分と子孫は違うと認識します。
自分の自我と子孫の自我が異なるからです。
子孫を自分と思いません。
また自分が子孫に乗り移って作動することはありません。

しかし子孫に備わっている生きる力は、自分の生きる力と同じです。
自我はなかなかこの生きる力を認識することができません。
自我が認識しなくても生きる力は黙々とすべての人を生かしています。
つまり生きる力は自我が認識しないところで機能しています。

大昔から人はこの生きる力を感じていました。
不思議な力と思っていました。
日本の古い自然神道ではこの不思議な力はすべてのものに備わっている霊(たま)と思われていました。

しかし、現代の有名な宗教では非常に遠い外、たとえばキリスト教やイスラム教では天にあると考えられています。
自分の近くにある見えるものは不思議ではなくなったのでしょう。
大昔は太陽、月、星などの天体が不思議だったので天体が神であると思っていました。
しかし遠くにあってもやがて見えるものは別に不思議ではないということになって、そのまた向こうの天にある見えないものということになりました。

どうもキリスト教やイスラム教はウソっぽいということで現代の宗教学者の中には神は遍在(あまねく存在)すると言う人が増えています。
自然法則のような性格と、個人と関係する人格を持っていると考えているのでしょう。

私は人の精神構造は精神本体と自我からなっていると思っています。
精神本体は、人が動物的存在であったときから作動していた精神です。
原始的精神、動物的精神と呼んでもいいと思います。
精神本体は自我が高度に発達した現代人にも作動しています。
この精神本体の働きを大昔から人々は不思議な存在、不思議な力と感じていたと思います。
宗教者は神仏と思ってきたと思います。

現代神道は神社神道が主流ですが、古い自然神道と比較すると、知識の後退と思います。
神社に神が住むという考えは非常に幼稚です。
神社神道を歴史的文化遺産として保存することはいいが、安倍晋三総理のような政治家達が神社神道を重視して政治の道具に仕立てるのは誤りです。
古い自然神道の方が真実に迫っていたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.09

政治職のあり方に関する学問が未熟

S180309

大学に政治学という学科がありますが、現在の政治家に政治学の学問があるかどうかわかりません。
政治職になるには法の学問に加えて、社会を改善し、人々の生活水準を上げる価値観を持っていることが重要と思いますが、現在の政治家が法知識や政治的価値観を備えているか疑問です。

日本の選挙制度で選ばれた政治家は、自分のことしか考えない権力志向の強い人が多いと思います。
選挙の時は人々のことを考えているふりをしますが、当選すると手のひらを反すように権力者になったと思う人が多いと思います。

選挙制度が有効に作動するためには政治職に関する人々の考えがしっかりしていることが大事ですが、人々は自分の利益を考えて選ぶことが多いのではないでしょうか。
人々のことを考える人々は少ないのではないでしょうか。

自分のことしか考えない人々が、自分のことしか考えない政治家を選んでいるのが日本の実情と思います。

この程度の民主主義社会(日本)から選ばれた政治家の中から選ばれた総理は、独裁制の国の独裁者と本質は似ていると思います。
よく安倍晋三総理について一強と言われますが、日本の政治の現状をよく表していると思います。
彼は自分の周りに自分に従属的な政治家や官僚や産業界などの各界の有力者を集め、自分の権力基盤を強化しています。
新聞テレビも操ってきたと思います。

その権力基盤にひび割れが多数生じ、批判的な人が現れてきました。

政治ががたがたしますが、こういう混乱を経験しながら政治家も人々ももっともっと政治職のあり方を学問するといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.05

取り戻すなら戦後の勤労の精神を取り戻そう

S180305

安倍晋三総理は日本を取り戻すと言います。
どういう日本を取り戻すのでしょうか。

黒田東彦日銀総裁は金融緩和を続けると言っています。
日本を含め、先進国が長く続けてきた金融緩和で市場にお金がいっぱいあり、投機家は実経済おかまいなしでマネーゲームに熱中しています。
金融緩和の波にのってマネーゲームでお金を儲けて生活している人が増えています。
一方で、人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供をまじめにやっているのに労働対価が不十分で、家を持てない、家族を養えない人がいます。
現代社会はいびつです。

戦後の復興期と比較すると、現代社会は堕落していると思います。
安倍内閣や黒田日銀が現代社会の堕落を助長していると思います。
国債金利をゼロにし、政府の借金政治を助けています。
政府を合理化近代化する動きがありません。
低迷していた株価を上げて投機を煽っています。
預貯金は金利がゼロと言って投資の経験知識のない人に投資を勧めています。
カモネギでしょう。

安倍内閣はカジノを含めた統合型リゾートを産業として重視しています。
賭博は犯罪と言いながら賭場づくりをやるなんて狂っています。

税収が上がるならマネーゲーム歓迎という姿勢です。

勤労の精神軽視です。
人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供をやっている人が安心して生活できる社会づくりが真の政治だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.03

自分は問題ないと思っているが、社会生活できない中年

180303

町に50歳ぐらいの男性が住んでいます。
仕事をせず、両親と同居しています。
車を運転して買い物に行きますから一見普通に見えますが、他人が家に侵入する幻覚を覚えるようで塀を高くしたり、防犯装置を数多く設置したり、よく、バンバンバンと大きな音が出るオモチャの銃で音を出したり、絶叫したりしています。

子供の頃から切れやすい性格であったため、友達ができず、家に閉じこもる傾向があったそうです。
親が早い段階で専門家と相談すればよかったのですが、ちょっと症状を軽く見てしまったようでそのまま彼は大人になり、40歳ぐらいまでは家に閉じこもって概して静かに生活していたようです。
買い物には毎日外出していたようです。

40歳ぐらいから、人が侵入してくるという幻覚がひどくなったようで反撃的行動をとるようになりました。
両親は大変心配して専門家にみてもらうべきと勧めるが、本人は異常はないと言ってどこにもいきません。

数年間は夜間に行動して近所のみならず、かなり町の広域にわたって子供っぽい反撃的行動をとっていました。
幻覚の中の侵入者は町の誰と特定できていなかったようです。
町の誰かではないかと彼は思ったようです。
近所はほとんど軽い被害をうけました。
近所からは警察に通報する人が出て、警察官が何度も来るようになりました。

警察官の訪問が効果があったのか、反撃的行動がなくなり、今は防衛的行動が目立っています。
塀を高くしたり、防犯装置をたくさんつけたり、音の出るオモチャで音を出したり、絶叫して幻覚の中の侵入者を防衛しています。
近所の人が警察を呼ぶようなことはなくなりました。
彼の防衛的行動についてはある程度慣れたのかもしれません。

彼は毎日車に乗って外出します。
防衛的行動に必要なものを買ってくるようですから、いまだに幻覚を幻覚と思っていないようです。
つまり自分は異常ではないと思い込んでいます。
幻覚の世界と普通の世界を行ったり来たりしているようではありません。
幻覚を幻覚と認識できればいいのですが、彼は幻覚ではないと言っています。

神経系の病気なのか、我が強くて思い込みがひどい(心理学的問題)だけなのか、ちょっとわかりにくい症状です。

両親が同居していますからまだ安心ですが、彼が一人になったらどうすればいいのでしょうか。
一人で生活できるでしょうか。
民生委員と行政の福祉保健課で対応できるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.01

憲法第9条は世界に通用する法

S180301

安倍晋三総理は憲法はアメリカに押し付けられたものと言います。
それならばアメリカが戦争協力を求めてきたとき、憲法はお断りするのに有効です。
ほかならぬアメリカが日本に押し付けた憲法によると日本は戦争できないことになっていると言えばすむことです。

最近はアメリカが日本に憲法を変えることを要求しています。
自分の戦争に日本の協力がほしいからです。

安倍総理は日本が自発的に憲法第9条を変えるように見せかけています。
実は安倍総理は、またアメリカにアメリカの都合で変更憲法を押し付けらていると思います。
真実、彼が日本の独立と自由を追求していなら、憲法第9条を大切にし、世界の平和主義者、平和主義国と団結して世界を平和にするため一生懸命工夫努力しているでしょう。
強大国に対抗できる軍事力を持ち、さらには強大国アメリカと同盟してアメリカと対立している国々とことを構えるような愚かなことはしないでしょう。
なぜなら軍事力で世界平和を実現することは不可能だからです。
戦争が続くだけです。

安倍総理は日本のことや世界のこと、日本の人々のことや世界の人々のことを考えていません。
自分のためにアメリカの時の権力者との関係を深めています。

安倍総理は言葉の魔術師です。
しかし、オレオレ詐欺にいつまでも騙されているように日本の人々はいつまでたっても彼に騙されています。
ウソでもいい、日本はよくなると言い続けてほしいと思っているかのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »