« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018.04.29

東アジアの平和が実現すると思うと幸せを感じる

S180429

日本は半信半疑のようですが、韓国と朝鮮(北)が休戦状態から終戦となり、平和状態になることを心から祝福すべきです。

この際、戦争主義の安倍晋三内閣を平和主義の新内閣に代えるべきです。
安倍内閣では韓国や朝鮮との交渉がうまくいきません。
世界の平和主義国との協調もうまくいきません。

アベノミクスは失敗に終わったと思います。
政府の合理化近代化をやらない保守の安倍内閣・黒田東彦日銀では日本経済に希望がありません。
日本経済は金融緩和・財政出動でよくなるような状態ではありません。
保守では無理です。

日本経済は国内生産を見直さないと改善しません。
金融経済は枝葉経済です。
生産経済は根幹経済です。

安倍内閣が腐敗していますから政府も腐敗します。
黒田東彦日銀が腐敗しているから銀行も延命経営になります。
内閣も日銀も一新すべきです。

失敗を恐れず、新事業・仕事に挑戦する事業家・仕事人がどんどん出るといいと思います。
かつての大企業が消えても心配する必要はありません。
新陳代謝が盛んな方が国も人々も元気が出ます。

政府の借金残高を考えると、安倍内閣を代える程度では政府はよくならないかもしれません。
新政府をつくるぐらいの大胆な構想を練らないと、日本は新生しないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.25

人々は白血球になれ

S180425

セクハラを受けた女性を犯罪者扱いする下村博文元文科相の不道徳発言に続き、林芳正文科相の不道徳行為が明るみに出て問題になっています。
林文科相は何と公用車で白昼恵比寿にある美女の指導員をそろえた個室ヨガ教室に何度も通っていました。
買春はしていなかったかもしれないが、文科相が公用車を使っていわゆるセクシーヨガ教室に行き、美女のヨガ指導員と二人きりで2時間ぐらい個室にいるというのは不道徳なことです。
週刊文春の記者にばれて注意されると、注意します、すいませんと言ったそうです。
これが文科相でしょうか。

教育の在り方も考えず、自分の欲望を優先していると思います。

安倍晋三内閣と省は感染症にかかっています。
安倍総理は膿(うみ)を出し切ると言いますが、膿とは白血球がばい菌を殺した結果できるものです。
実は安倍総理がばい菌で、閣僚や省の国家公務員が感染していると思います。
ばい菌である安倍総理をやっつけるには、人々が白血球になることが大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.24

安倍晋三総理にはうんざり

S180424

どうしてこんな無知無能無法無責任な人が総理であり続けるのでしょうか。
何もしないでもらいたい。
すぐ総理をやめてほしい。

こんな人を支える自民党・公明党は異常です。
日本のことを考えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.21

まだ安倍晋三総理は自分の不法に気付いてない

S180421

安倍総理は昨日も財務省の決裁文書改竄問題や事務次官のセクハラ問題など一連の不法について、いろいろ心配かけて申し訳ない、全容解明に取り組む、膿を出し切る、行政のトップとして最終的な責任は私にある、再発防止対策などについて自分の手で決着をつけると言っています。

自分が不法を犯したという認識がまったくありません。
自分は悪くないが部下の不法は行政の長である自分の責任と恰好いいことを言っています。
自分の不法やうそを認識していない人が再発防止策をつくれる訳がありません。

政治混乱の原因は安倍晋三総理自身の不法にあります。
安倍氏が総理であり続けると日本は不法社会になります。

内閣をころころ変えるのはよくないではなく、安倍内閣についてはすぐ変えないと世界から日本が馬鹿にされる事態です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.18

自民党・公明党・安倍晋三内閣は自分のために政治を利用している

S180418

国会における圧倒的数を背景に自公も安倍内閣も人々を無視し、政治を私し、独裁的になっています。
自分が犯している不法に気付いていません。
思い上がっているからです。

日本がかかえる問題を大きくしているのは自分なのに安倍総理は、自分は悪くない、悪いのは閣僚や国家公務員であると言って平然としています。
どうしてこんなうそつき総理に合わせて自公はうそをつくのでしょうか。
罪を着せられるのは国家公務員なのにどうして彼らは真実を言わず、うそつき総理に合わせてうそをつくのでしょうか。

自公・安倍内閣は社会を健全に維持する法を破壊しました。

不幸になるのは人々です。
もう騙され続けてはいけません。
主権者は自分であると自覚し、厳しい目で自公・安倍内閣を批判し、無力化しましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.16

情報管理すらできない防衛省は役立たない

防衛省は海外に派遣された自衛隊の日報管理ができていません。
情報管理がいい加減です。
自衛隊員の管理も武器弾薬の管理もいい加減でしょう。

防衛予算が少ないと主張する人が増えていますが、防衛予算を増やすことより、外交や防衛の見直しが重要と思います。
国の飾りのような防衛力は無用です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.14

戦争で平和を実現することは不可能

S180414

シリアが化学兵器を使ったという理由でアメリカ、フランス、イギリスがシリアを攻撃しました。
しかしシリアが化学兵器を使ったかどうかまだ国連の調査は終わっていません。
アメリカなどはシリアが化学兵器を使った証拠を提示していません。
証拠も出さず、国連安保理の決議もなく、使ったと断定して勝手に巡航ミサイルを使ってシリアを攻撃したことは犯罪です。

このアメリカなどの攻撃を日本は肯定しました。
戦争を放棄した日本のすることではありません。

どんどん戦争へのめり込んで行く日本を見ることは非常に悲しいことです。
先の第二次世界大戦で日本は何も学ばなかったようです。
平和日本が戦争日本になりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.13

人殺しや戦争は罪で、罰を受けるという知識を欠く人が増えている

S180413

平和ボケの結果と思います。
平和な社会で、漫画やゲームなどで人殺しや戦争を主題にすると刺激があるのか、若い人々は結構興奮します。
漫画やゲームなどでは人殺しや戦争の悲惨さを体で感じることはできません。
罰を実感できません。

罰に関する知識がないと、怒ったとき、あるいは憎んだとき、人殺しや戦争の結果を想像できず、短気になって人殺しや戦争に走ってしまうことがあります。

最近滋賀県で若い警官が先輩の警官を射殺した事件が発生しました。
殺した後、自分がどうなるか全く想像しなかったと思います。
怒りや憎しみの表現として人を殺すということは知っていましたが、人殺しは罪であり、罰を受けるということは知っていなかったと思います。
仮に罰を受けることは知っていたとしても罰の意味までは知っていなかったと思います。

若者達が感情のおもむくままに戦場に行き、仲間が一人死に、二人死にしていくと戦争の恐怖を初めて知り、戦争するどころではなくなります。
狂乱状態で死んでいきます。
戦争の歴史を勉強すると、やってよかった戦争など一つもありません。
やらなくてもよかった戦争ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.12

総理が憲法を軽視することは許されない

総理は行政の長です。
憲法を重視して政治を行わなければなりません。

ところが安倍晋三総理は、憲法はアメリカに押し付けられたと言って、自分勝手な憲法解釈をよしとし、たとえば集団的自衛権の行使は違憲と憲法学者の意見が出ると、総理自ら憲法を変えることを提案しました。

憲法を変えたいと思うなら総理になってはいけません。
国会議員として憲法改正案を提出し、国会で議論しなければなりません。

彼が総理になって解決した国の大問題はあるでしょうか。
問題を大きくしただけです。

彼が一番力を入れた政策は金融緩和・財政出動(アベノミクス)による経済成長です。
しかし経済成長はしていません。
物価上昇率2%を達成すれば経済成長するという予測ははずれます。
人口減少、老人割合増加、人々は節約志向であることを忘れてはいけません。
2%を達成出来たとしても人々の所得は2%伸びず、貧困化が進みます。
税収は伸びず、政府の借金残高は増え続けます。

安倍総理は朝鮮(北)制裁にも力を入れました。
韓国が対話を重視すると、彼は韓国を批判しました。
韓国・朝鮮首脳会談、アメリカ・朝鮮首脳会談が実現するかもしれないとなると、彼は、韓国やアメリカに拉致問題を首脳会談で論じてほしいとお願いしています。
朝鮮を信用できないなら、韓国やアメリカを批判し、首脳会談は失敗に終わるからよせと言うべきです。
彼には信念がありません。

放射能汚染問題に真剣に取り組んでいません。
汚染地の除染不十分、事故原発は依然として漏洩が続き、大地震で再び大規模漏洩・汚染を引き起こす恐れが非常に大きい状態です。
未事故原発の再稼動を進めているが、大地震などに安全とは言えません。
増え続ける放射性廃棄物の処理処分技術がありません。
安心して東京オリンピックを開催できるでしょうか。

森友学園・加計学園問題では、自分が問題の震源地であるのに、知らない、関係ないと言い張り、証拠が出てくると、証拠が間違っていると言い張ります。

安倍総理はうそつきと批判されています。

総理が無知無能無責任うそつきでは政治は人々のために役立ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.11

うそつきは結局罰を受ける

正直な人はうそをつくと苦しくなります。
うそつきに慣れている人はうそをついてもうそをついたと思っていません。
したがって平然としています。

安倍晋三総理はうそをつき慣れています。
したがって平然としてきました。
しかし国会でうそをついていると証拠をもって非難されるとさすがの安倍総理も答弁が苦しくなります。

これから安倍総理は平然としていることができません。

うそつきは平安に人生を終えることはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.08

日本はどうして原発に執着するのか

S180408

原発は非常に発電コストが高い上、非常に危険な発電技術です。
それなのに政府も電力会社も半分の人々も原発に執着しています。

原爆を2発食らって原子力の力に驚いた日本は、原子力信仰を持ったのでしょうか。
原子力を発電に応用したことに誇りを持っているのでしょうか。
すごい力を持つ原子力を応用することをやめてはいけないと思っているのでしょうか。
技術開発を続けていれば将来コストダウンできる、安全にすることができると信じているのでしょうか。
いつか日本もたまったプルトニウムなどを利用して核兵器をつくり、強大国の仲間入りしたいと思っているのでしょうか。

実は、長年原発を推進してきた政府・電力会社が、原発推進は正しいと主張して、自分の愚かしさを認めないのだと思います。
人々の命より、自分を大切にし、これまでの自分の言動を正当化しているのだと思います。

政府は電力会社のため、発電コストの大半を負担し、電力会社が負担する発電コストを、他の発電コストより安くなるようにしました。
こうすることで電力会社が原発を導入できるようにしました。
自分のことしか考えない電力会社は、この政府のやり方にまったく異を唱えず、乗っかって、政府の負担、つまり国民の負担を考えようとしませんでした。
政府負担分は政府がうまくやってくれると思ったのでしょう。
政府が苦しむことになることなど考えなかったでしょう。
大半の発電コスト負担について政府が面倒を見ると言うから政府を信用することにしたのでしょう。

現在でも原発保有電力会社は政府が言ったことを質にとって平然と原発を推進しています。
最後は政府の責任という訳です。

原発保有電力会社は今日においても非常に無責任で、反人間的、反社会的です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.07

日本の伝統文化において不平等が問題になっている

S180407

相撲界で土俵は神聖、女性は穢れているから土俵に上がってはいけないという伝統文化が問題になっています。

伝統文化保存の目的だけで相撲を維持しているなら現代に通用しない伝統を守ってもいいのですが、相撲は現代興行になっています。
伝統文化保存事業ではなく、収益を目的とした事業になっています。
すると女性差別が問題になります。

昔はそうだった、今は女性差別をやめて、女性が土俵に上がっても土俵は穢れないとすることが正解です。

よく考えると、相撲取りだって女性と結婚します。
女性が穢れている‌というなら、夫である相撲取りは穢れており、穢れた状態で土俵に上がることになります。
日本相撲協会には評議員会があります。
その評議員会議長が女性の池坊保子氏とはどういうことでしょうか。
相撲界は矛盾だらけです。

同じような問題は天皇制にもあります。
天皇制は伝統文化となっています。
しかし伝統文化保存の目的だけで天皇制を維持しているなら現代に通用しない伝統を守ってもいいのですが、天皇制は現代制度になっています。
すると現代の価値観と矛盾することが問題になります。

たとえば天皇には自由がありません。
政治活動は禁止されています
象徴天皇とは何かわかりにくいのですが、まさに生き雛です。
人にして人にあらずという不平等な生活を強いられています。
天皇の生活は伝統に縛られて、人々が驚くようなしきたりや行事を強いられています。

天皇制でも女性差別があり、女性は天皇になれません。
不平等で序列があります。
人々から遠い存在になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.06

安倍晋三総理が憲法を軽視するからほかの大臣も国家公務員も憲法を軽視する

行政の長である安倍総理が、憲法を、アメリカから押し付けられたと言って軽視することは決して許されることではありません。
憲法に反対なら総理にならず、国会議員として憲法を変える工夫努力をすべきです。
総理になったら憲法を尊重して政治を行うべきです。
自民党・公明党の支持を背景に憲法を軽視して権力者として自分勝手な政治を行うことは許されません。
現在は安倍総理の無知無法が原因で政治が混乱に陥っています。

安倍総理は総理にはまったく向いていません。
安倍内閣がすぐ総辞職することを求めます。

憲法ではなく、行政が都合よく解釈する、いわゆる「解釈憲法」が作動するような国は、憲法のみならず、すべての法がすべての人によって都合よく解釈され、社会は無法社会となります。
日本は混乱の度を深めつつあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.03

自民党・公明党は日本を破壊する

S180403
北の丸公園側から見た千鳥ヶ淵の桜(2018.3.28)

国会で支配的な政党は自民党・公明党です。
ところが自公はまともな政治がまったくできません。

原発廃止について優柔不断で放射能汚染問題を解決できません。
原発会社、原発保有電力会社にひいきしており、人々の生命を軽視しています。

政府の赤字問題については経済を改善して税収を上げるか、政府を合理化近代化することが必要ですが、どちらもできていません。
犯罪とされている賭博を、政府が認めたものについて合法とし、新しい税収源にするそうです。
あまりにもやることが低劣です。
賭博に夢中になって人生が狂う人が出るというので日本人はカジノ入場回数制限週3回、月10回とするそうです。
入場料は6000円にするそうです。
外国人は制限なしだそうです。
日本人と外国人を差別するとは異様です。
お金を使ってくれるなら外国人は賭博に狂ってもいいという訳です。
カジノを含む統合型リゾート施設を日本に設ければ経済が改善するとか、税収が上がるとか、あまりにも自公の発想の貧困さに呆れます。

世界の多数派の平和主義国は、世界平和を追求して国連で核兵器禁止条約を成立させましたが、自公は反対です。
アメリカの核の傘の下にいたいと言います。
好戦的で朝鮮(北)を敵視し、その脅威を煽って日本の軍事力を上げることに注力しています。
遠隔の敵基地を破壊できる長距離誘導ミサイルを持ちたいと言います。
平和ではなく戦争を考えています。
自公は戦争主義です。

学者は自然災害の大規模化、高頻度化を恐れて警告していますが、自公は学者の言うことを信用しません。
中央・地方政府は災害に強い町づくりに取り組みません。
町は人間の欲望が渦巻くままになるようなになっています。

自公は問題を大きくするが、小さくする工夫努力をまったくしません。
無知無能だからです。
権力欲を持っているだけで社会を改善する意欲がないからです。
何をすればいいかわからないのだと思います。
自公は日本を破壊します。

その点、立憲民主党は、少なくとも破壊的ではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »