« 日本は焦って軍事力を大きくする必要はない | トップページ | 自民党は誰が総裁になっても日本政府は腐敗 »

2018.08.16

靖国神社に問題はない、靖国神社を政治的に利用する政治家が問題

昨日安倍晋三氏は、代理をたて、自民党総裁として玉串料を靖国神社に納めたそうです。
従来は総理として納めていたと思います。
憲法違反と批判されてきました。

それでは自民党総裁としてなら問題ないでしょうか。
自民党は政治団体です。
自民党は憲法第20条(信教の自由、国の宗教活動の禁止)を軽視しています。

現在の政府は自民党が政治を担当する政府です。
靖国神社を崇拝しない日本人は日本人ではないと思っていると思います。

自民党は戦死者を国のために命をささげた英霊とあがめています。
靖国神社は、無法、無謀な戦争で大勢の人を占領地で死なせた戦争指導者を祀っています。
無法、無謀な戦争で地獄の中で死んでいった不幸な軍人を祀っています。
敗戦の責任を部下に押し付けて自決を強いた人も自決させられた人も祀っています。
国のために命をささげた英霊でしょうか。

靖国神社は、善悪関係なく戦争で死んだ軍人を祀っている、自分はそういう宗教団体であると述べいます。
靖国神社に問題はありません。
靖国神社を政治的に利用する自民党に問題があります。

|

« 日本は焦って軍事力を大きくする必要はない | トップページ | 自民党は誰が総裁になっても日本政府は腐敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社に問題はない、靖国神社を政治的に利用する政治家が問題:

« 日本は焦って軍事力を大きくする必要はない | トップページ | 自民党は誰が総裁になっても日本政府は腐敗 »