« アメリカと中国の対立が激しくなってきた | トップページ | 自由平等はすばらしい »

2018.08.26

保守を捨て、事業・仕事は合理化、近代化が必要

トランプアメリカ大統領が保護貿易と騒いでいますが、景気は力強いそうです。
どうやらアメリカ人の消費意欲は非常に強いということでしょう。
よっぽどもの不足にならないとアメリカの消費は減りそうもありません。

アメリカは輸入品に高関税をかけると言っていますから、いい機会です。
アメリカの希望を組んで、アメリカへの輸出を減らすといいと思います。
地球の裏側にものを輸送してエネルギーを消費するようなことはやめ、アメリカで消費するものはアメリカで生産してもらうといいと思います。

アメリカへ輸出して儲けている会社は、内需や隣国の需要を掘り起こすといいと思います。
地産地消の考えは地球環境改善に有意義です。

日本には資源・エネルギーがなかったので遠い国から輸送船で資源を日本に輸送し、一方で工業製品を遠い国に輸送して経済成長をとげました。
世界的輸送にすっかり慣れたのですが、無駄が多いシステムです。
現在、日本の経済は停滞ぎみです。
古臭いシステムを捨て、より合理的、近代的なシステムを開発する必要があるのではないでしょうか。

働きすぎると労働生産性は落ちます。
今の日本人は働きすぎです。
よく働く割には利益が少ないと思います。
無駄が多い証拠です。
遠くの方まで動き回りますがちっとも仕事がとれない営業マンに似ている人が多いのではないでしょうか。

|

« アメリカと中国の対立が激しくなってきた | トップページ | 自由平等はすばらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守を捨て、事業・仕事は合理化、近代化が必要:

« アメリカと中国の対立が激しくなってきた | トップページ | 自由平等はすばらしい »